スポンサーリンク

秋のエギングシーズン。アオリイカの成長に合わせてエギの大きさを選ぶことがエギング上達の秘訣!

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ポイントにもよりますが、9月の前半から潮通しの良い漁港の堤防などからコロッケサイズのアオリイカの数釣りを楽しむことができるようになります。

この頃のアオリイカは、餌となるアジなどの小魚を捕食しながら日々成長するため、9月後半になるとコロッケサイズからトンカツサイズのアオリイカが釣れるようになります。

さらに秋のエギングシーズン後半、11月頃になるとキロアップの個体も増え水温が下がる冬場は、沖に出ていくため、アオリイカを陸っぱりのエギングから狙いにくくなります。

9月の新子(コロッケサイズ)の数釣りを楽しみ、10月以降大きく成長したアオリイカを狙うエギングを考えると使用するエギの大きさを組み立てやすくなります。

例えば、9月の新子(コロッケサイズ)の場合、2.5号~3号を使用し、9月の後半からトンカツサイズ以上を狙うなら3号、10月の後半以降は、3.5号を使用して大きく成長したアオリイカを狙うエギングを考えると良いと思います。

初心者の頃は、2.5号が良いと教えられることが多いと思いますが、3.5号のエギを1年通して使用しているベテランアングラーも多く存在します。

2.5号のエギの使用に慣れたら、3号や3.5号のエギの使用をお勧めします。3.5号のエギを使用できるようになることがエギング上達の秘訣と思います。

秋口は、食欲旺盛な新子のアオリイカは、エギの速いアクションに果敢にアタックしてきます。あまり意識する必要はありませんが、大型のアオリイカは、底のカケアガリや根回りに付いていることが多いため、エギで底を取ることが釣果アップの秘訣です。

春のシーズンになると親に成長した大きなアオリイカを狙うため、エギの大きさの基本は3.5号になります。秋のシーズンの後半は、大きなエギを使用して、底のカケアガリや根回りに付いているアオリイカを狙う練習をして春のエギングシーズンに備えましょう。

■2.5号のエギ ほろにがプリン エギ王 Q LIVE サーチ ベーシック

■3号のエギ ウミトカゲ エギ王 Q LIVE サーチ ベーシック

■3.5号のエギ 氷いちご エギ王 Q LIVE サーチ ベーシック