夜行性が強いアオリイカは夜釣りがおすすめの時間帯。

夜行性が強いアオリイカは、夜になると活発に餌を求めて行動するので、エギングは夜釣りがおすすめの時間帯です。

もちろん昼間もアオリイカは、釣れるので、初心者は、日中のエギングから始めると良いと思いますが、夜釣りのエギングもおすすめ。

夜行性の強いアオリイカは、夕マズメから夜にかけて、朝マズメから朝にかけてが釣りやすくバイトも多い時間帯です。

漁港にある常夜灯の明かりに集まる小魚などを狙って、アオリイカも活発に行動するようになるので、常夜灯周りは、初心者でも釣りやすく、夜釣りで狙うおすすめのポイントです。

常夜灯の無い漁港の堤防などもポイントになります。暗い夜釣りでのエギングは、エギを視認しずらいので、始めたばかりのころは、エギをしゃくったタイミングでエギが顔に向かって飛んで来ることもありました。周りの人にも迷惑をかけた思い出があります^^;

慣れてくると、暗い夜でもエギを操作できるようになりますが、日中にエギとロッドの操作感をつかんでから夜釣りにチャレンジすると良いと思います。

周りの人にエギをぶつけないように夜釣りのエギングにチャレンジしましょう!

夜釣りは、危険とも隣合わせなので、ライフベストや救命胴衣とも呼ばれる安全装備のライフジャケットと明るいヘッドライト(ルーメンの数字が大きいもの)を装備しましょう。

エギングに興味がある方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

ナイトエギング!夜光ボディ|おすすめのエギをご紹介。
ナイトエギング!夜光ボディ|おすすめのエギをご紹介 夜光エギは、夜のエギング(ナイトエギング)の定番のエギになって来ていると感じます。 赤テープのエギなど、夜のエギングに有効とされるエギに反応が薄い日は、夜光エギを使うと意外に...
エギの選び方!下地テープカラー・サイズ(号数)の選び方を解説
エギの選び方を解説。せっかく始めたエギングで釣果が出なくてエギングを止めてしまう初心者も多いのではと思います。エギの下地テープカラー・サイズ(号数)の選び方のポイントを詳しく解説します。
エギング入門
エギング!日本の漁師の間で使われていた烏賊(イカ)を釣るための道具(餌木)がアオリイカなどの烏賊(イカ)を誘って釣りをするためのルアー(エギ)へ生まれ変わり、ルアーマンを魅了している人気のルアーフィッシングです。