エギングのタックルの選び方と仕掛け

アオリイカは、地方によって1年中釣果がありますが、一般的なシーズンは、春と秋に訪れると言われています。

そろそろ秋のエギングに備えて、エギングの準備初めている方も多いと思います。

エギング人気にともなっていろいろなメーカーからエギング専用のタックルが沢山発売されています。

初期投資を抑えてエギングを始めてみたいと考えるならお手持ちのタックルをエギングに流用することをおすすめします。
シーバスフィッシング用のタックルがあれば、8〜9ftあると思いますので、エギングに流用することができると思います。

タックルの流用ができれば、 PEラインとエギを数本購入することでエギングを始めることができます。バスフィッシング用のタックルの流用を考える方もいると思いますが、バスロッドの場合、通常6〜7ft前後のため、長さが不足し、エギ(餌木)の取扱いが難しくなると思います。1万円前後のエギング用ロッドの購入をおすすめしたいと思います。

エギングの仕掛けとロッドの選び方の解説

エギング入門
エギング!日本の漁師の間で使われていた烏賊(イカ)を釣るための道具(餌木)がアオリイカなどの烏賊(イカ)を誘って釣りをするためのルアー(エギ)へ生まれ変わり、ルアーマンを魅了している人気のルアーフィッシングです。
ルアーロッドの選び方
ルアーロッドの選び方 !ロッドを選ぶ時の参考にしたい表記にテーパーと呼ばれる表記があります。メーカーや素材により多少異なりますが、テーパーは、ロッドのしなり具合を示しています。
エギの選び方!下地テープカラーの選び方を初心者に優しく解説。
エギの選び方を誤るとせっかく始めたエギングで中々釣果が出なくてエギングを止めてしまう初心者も多いのではと思います。今日は、エギの下地に巻かれているテープの色について初心者に優しく解説します。