エギングの基礎知識!エギの下地テープカラーの選び方を初心者に優しく解説します。

良く釣れるエギは?定番のエギは?おすすめのエギはあるの?

エギングで使うエギ。様々なメーカーから発売されていて何を購入すれば良いのか。

初心者がエギングを始めて、まず、最初に迷うのがエギの選択だと思います。一つのメーカーでも形、重さ、動きなどが異なるエギがラインナップされています。

さらにエギには、色々なデザインやカラーのエギがあります。

ヤマシタ エギ王Qライブ サーチ 2018年カラー

1つ1,000円近い値段がするエギ選びは、エギングを始めた初心者にとって、重要なポイントだと思います。

エギの選び方を誤るとせっかく始めたエギングで、釣果が出なくて、エギングをやめてしまう初心者も多いと思います。

今日は、エギの下地に巻かれているテープの色について、解説します。

エギを選ぶポイント。下地に巻かれたテープの色の効果を覚えましょう!

エギの布地の下には、「金テープ」、「虹テープ」、「銀テープ」、「赤テープ」などの色のテープが巻かれています。

エギングでは、この下地テープの色でエギを使い分ることが重要なポイントとなっています。

エギの下地テープ。色の選び方を初心者にわかりやすく解説します!

エギングを始めた頃、エギを釣具店で購入する際に箱に貼られているシールに「金テープ」、「虹テープ」、「銀テープ」、「赤テープ」と貼ってあるのを見て、

「テープ?・・・何のこと?」と疑問に思いながらエギを選んだことを思い出します。

エギの布地の下に巻かれているテープの色と知らずに、、

「ああ、虹テープって、エギの色がマーブル色ぽい、布地のエギのことね」

「そうか、赤テープは、赤色っぽい、布地のエギのことか~」

と勝手な推測でエギを選んでいました。

エギの下地には、「虹テープ」、「銀テープ」、「金テープ」、「赤テープ」などのカラーテープが巻かれています。

「赤テープ」と箱に書いてあれば、エギの下地に、赤色のテープを巻いて、さらにそのテープの上に布地が巻かれています。

布地は、オレンジ、ピンクなどの色があって、様々な模様が描かれた布地が巻かれています。

例えば、

こちらは、下地に「赤テープ」を巻いたエギ。

こちらは、「金テープ」を巻いたエギ。

こちらは、「虹テープ」を巻いたエギ。

エギングを始めた頃は、エギのデザイン、模様、見た目、ボディの色(ピンク、オレンジ)などを気にしながらエギを選んでいました。

さて、上の3つのエギ。下地に巻かれたテープカラーにどのような違いがあるのでしょうか。

必ずのこの説明の通りになるとは限りませんが、テープカラーによってエギを使う場面、時間帯があることをエギを選ぶ時の知識として覚えておくとエギングの釣果アップにつながりやすいと思います。

下地に赤テープが巻かれたエギは、光の量が少ない場面で使うと良いとされています。赤テープが巻かれたエギは、夜のエギングの定番カラーです。

光が届かない、暗い海の中で、赤テープを巻かれたエギは、エギのシルエットがしっかりでるため、アオリイカが見つけやすく、夜のエギングに有効なカラーとされています。

赤テープが巻かれたエギは、夜のエギングだけでなく、光の量の少ない海の深場、海が濁っている日、曇り空、夕マズメのエギングなど光の量が少ない場面に使うと良いとされています。

漁師さんにも昔から信頼が厚いカラーと言われています。

外灯の無い夜釣り、月明かりが無い夜のエギングは、赤テープのエギを選んで使うと良いと思います。

下地に金テープが巻かれたエギは、フラッシング効果が高く、日中のエギングの定番カラーです。

晴れた日中のエギングで、エギ選びに迷ったら、金テープをベースにオレンジの布地が巻かれたエギを選ぶと良いと思います。

晴れた日中のエギングでの釣果実績も多い定番カラーです。海の色が濁っている場面や曇り空などにも有効です。日中のエギングは、金テープのエギを必ず持参するようにしています。

エギ選びに迷ったら!エギングの定番中の定番!オールマイティーに使える「虹テープ」のエギを選びましょう。

朝マズメのエギング、夕マズメのエギング、日中のエギングなど、濁り潮、澄み潮とオールマイティーに使える「虹テープ」は、その日の第一投に選ぶアングラーも多いと思います。

朝マズメは、「虹テープ」が巻かれたエギからエギングを始めて、朝は、澄み潮なら「銀テープ」へローテーション、濁り潮なら「金テープ」へローテーションし、夕マズメになったら「赤テープ」へローテションしながら、その日のエギングを組み立てると良い釣果につながりやすいと思います。

最近は、「ピンクテープ」「オレンジテープ」「パープルテープ」が巻かれたエギも発売されています。

朝マズメ、夕マズメには、「ピンクテープ」や「オレンジテープ」が巻かれたエギがおすすめ。

朝マズメに虹テープのエギに反応がなければ、「ピンクテープ」へエギをローテーション、朝焼けや夕焼けでオレンジの光が強くなる時間帯に「オレンジテープ」へエギをローテーションする使い方もおすすめです。

朝マズメ、夕マズメの時間帯に「赤テープ」のようにエギのシルエットがでるテープを意識して、澄み潮の日は「パープルテープ」へ、濁り潮の日なら「オレンジテープ」へエギをローテーションする使い方もおすすめです。

ボディ素材に「ケイムラボディ」「夜光ボディ」「透明ボディ」を使用したエギもあります。

日中のエギングで効果のある蛍光色の一種で、目に見えない紫外線を可視光線に変換してイカにアピールする「ケイムラボディ」の素材を使用したエギ。

夜のエギング、朝マズメ、夕マズメ、濁り潮に有効とされるボディに蓄光して蛍光色に輝く「夜光ボディ」などのボディ素材を使用したエギがあります。「赤テープ」のエギに反応がない日は、「夜光ボディ」のエギにローテーションするエギングの組み立てもおすすめです。

スレたイカに効果があるとされる「透明ボディ」の素材を使用したエギ。

日中のエギングでは、「銀テープ」のフラッシング効果も有効です。

朝マズメから日差しが強くなる朝の時間帯に餌を捕食する活性の高いアオリイカがいます。アジやコノシロ、サバなどナチュラルカラーのエギの下地に「銀テープ」が巻かれたエギを選んで、エギを2回、3回、4回、5回と横方向へ素早く、ダートさせながらエギを引いて来ると、エギの背後に活性の高いアオリイカが追いかけて来て、エギがストップしたタイミングでエギに抱きつくアオリイカを目視で見える時があります。

特に澄み潮の朝の日差しが徐々に強くなる場面では、「銀テープ」へエギをローテーションする使い方もおすすめです。イカの捕食スイッチを入れるのに有効なカラーだと思います。フラッシング効果が高い「銀テープ」は、思わぬ爆釣につながる時もあります。

エギ王Q LIVE ベーシック ウルメ銀テープ、このエギ、秋のシーズンの日中のエギングにおすすめのエギです。

エギ王QがLIVEになる前から使わせていただいています。良く釣れるエギです。

アオリイカ