メバリングの基礎知識。ソフトルアーの「ただ巻き」がメバルを釣るポイント!

淡水魚のブラックバスのルアーフィッシングを経験された方なら分かると思いますが、ソフトルアーを使用する釣り=底のストラクチャー(底に沈んでいる流木や岩などの障害物)を意識しながらゆっくり、ネチネチとソフトルアーをリトリーブして、時々リフト&フォールのアクションを織り交ぜながら誘う釣りをイメージされると思います。

さらに根掛りも多いため、ソフトルアーの使用を好まないアングラーも少なからずいると思います。

メバリングを始めた頃、ソフトルアーを使用するルアーフィッシングと聞いて、ゆっくりと誘う釣りのイメージがあって、良いイメージがありませんでした。

しかし、「メバリング」は、手返し良く、ソフトルアーを使用するため、ハードルアーを使用する時のようにスピード感のあるルアーフィッシングを楽しめます。

ソフトルアーの使用を好まないアングラーにもおすすめしたいルアーフィッシングです。

ソフトルアーの「ただ巻き」がメバルを釣るポイント!

メバリングを初めて経験される方に最初に揃えて欲しいソフトルアーは、ストローテールグラブです。

写真は、エコギア メバル職人 ストローテールグラブ グロウオレンジ(夜光)です。

このストローテールグラブのソフトルアーを使用してメバルを誘います。

夕マズメ、朝マズメ、夜釣りのメバリングは、表層に浮いて来たメバルをストロテールクラブを一定の速度でリトリーブ「ただ巻き」してメバルを狙います。

ストローテールクラブを準備しましょう!

メバルは、他の根魚(カサゴやアイナメなどのロックフィッシュ)と異なり、夜になると小魚などの餌を求めて表層から中層に浮いてきて、活発に餌を捕食する習性があります。

常夜灯がある堤防のポイントは、メバルが表層に浮いていることが多いため、ポイントに着いたらストローテールグラブ使い、手返し良く表層から中層をリトリーブ「ただ巻き」してメバルを誘うと釣果につながりやすいと思います。

メバルのあたりが止まった時は、ソフトルアーの色を変えて誘うと、色にスレたメバルが再び口を使い出すことも多いため、パール、ピンク、オレンジ、メロンなど、色が異なるソフトルアーを準備しておくと良いと思います。

メバリングのおすすめルアーをご紹介!

エコギアのメバル職人は、昔から実績があるソフトルアーでメバリングを初めて経験される方におすすめのソフトルアーです。

ストローグラブやミノーSSシリーズは、メバリングの釣果実績も高くおすすめです。

よく、使用させていただいているルアーです。

このメバル職人シリーズは、釣具店で見かけないことが無いくらい、手に入りやすいルアーです。

メバルをターゲットにしたソルトルアーフィッシングをさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をお読みください。

初心者にも分かりやすく、メバリングを解説します。

メバリング入門を読む