「餌木蔵」メジャークラフトのエギ|実釣インプレ!

10月から秋のエギングで使うエギを購入するため、釣具店に行くと、餌木蔵(えぎぞう)なる新しい餌木(エギ)がメジャークラフトから発売されていました。

ボトム中心に攻めることで、根掛からエギをロストする機会の多い10月からのエギング。

財布にやさしい、コストパフォーマンスの高いエギを求めていました。

価格設定も手にしやすい、餌木蔵(えぎぞう)を購入することに。

日本の伝統芸能・歌舞伎(カブキ)の模様をデザインに取り入れたエギです。

2つのエギの背中側を合わせると、歌舞伎(カブキ)役者の顔が浮かびあがる粋なデザインを取り入れています。

10月からのエギング。

トンカツサイズに成長したアオリイカのサイズに合わせて、3号の餌木蔵(えぎぞう)を手にレジへ向かいました。

1つ目は、オレンジと虹テープ。夜釣りや日中にと、オールマイティに使える定番カラーです。

2つ目は、ピンク色の布地と、金テープ。こちらも鉄板カラーです。

3つ目は、赤テープのオマールブラウン。派手さはないですが、夜釣りやスレたアオリイカに、良さそうなカラーとデザインです。

こちらが購入したエギ。

エギを箱から取り出してみると、予想以上に良い作りです。

外灯のある某漁港に入ると、ヤエンやアジのサビキ釣りをしている人で賑わっています。

邪魔にならないように移動して、餌木蔵(えぎぞう)オマールブラウン(赤)から試して見ます。

10月の下旬になると、少しずつアオリイカもスレて来るのか、シビアな釣りになってきます。

エギを底まで沈めます。

数回しゃくって、フォールしているタイミングで、違和感を感じます。

あわせを入れるとトンカツサイズのアオリイカが釣れて来ました。

メジャークラフトの餌木蔵(えぎぞう)。

フォール姿勢や飛行姿勢もよく、綺麗にダートするので、エギング初心者に取り扱いの良いエギと思います。

さらにコストパフォーマンスも良いので、使い込んでみたくなるエギです。

<参考情報>
■メーカー・メジャークラフト・餌木蔵リンク
餌木蔵・メジャークラフト(Major Craft Web)

エギの選び方!下地テープカラーとサイズの選び方
エギの選び方を解説。せっかく始めたエギングで釣果が出なくてエギングを止めてしまう初心者も多いのではと思います。エギの下地テープカラー(色)・サイズ(号数)の選び方のポイントを詳しく解説します。
「エギ王K」活性の低いイカを狙い撃ち!
「低活性イカ攻略モデル」として開発されたエギ、エギ王Kのインプレ。使いやすくおすすめのエギです。タックルにエギ王Kを加えたことでエギングの幅が広がりそうです。
パタパタQ 秋のエギング実釣インプレ!
エギングを始めた頃、DUELの「アオリQエース」で初めての一杯を釣り上げ、DUELのエギを気に入って使用していました。今年の秋エギングにDUELの「パタパタQ」を試してみました。
☆釣研☆「エギスタ」実釣インプレ!
エギング遠征に行く道中、エギのスナップを仕入れるため、インターを降りてすぐにあった、釣具店へ寄り道。奉仕品で売られていた☆釣研☆「エギスタ」を試してみました。
エギング入門
日本の漁師の間で使われていたイカを釣るための道具(餌木)がアオリイカなどのイカを誘って釣りをするためのルアー(エギ)へ生まれ変わり、アングラーを魅了している人気のルアーフィッシングです。