ルアーロッドの選び方

ルアーロッド選びの基礎知識

ソルトルアーフィッシングに使用するルアーロッドは、対象魚に合わせた専用ルアーロッドが沢山発売されています。

ソルトルアーフィッシングを始める時に一番難しく感じたのがロッド選びでした。

価格帯もルアーとセットで売られている数千円のモデルから2万円を超えるモデルなど様々なモデルがあります。

使用されている用語も専門用語が多く、何を基準にルアーロッドを選ぶと良いのか初心者にはハードルが少し高いと思います。

ロッド選びの基礎知識を書き出してみたいと思います。

エギングロッドの特徴

1日中エギをシャクルため、腕に負担の少ない軽いロッドを選ぶと良い。エギを「シャクル」アクションが中心になるため、ロッドに張りがあり、シーバスロッドより固めに仕上げられている。他のソルトルアーフィッシングに流用することもできるので、万能ロッドとして使用されることも多い。

シーバスロッドの特徴

ワーム系の軽いルアー、プラグ系のルアー、ジグ系の重いルアーを使用する機会が多いため、ロッドのバランスが要求される。ロッドの反発力でルアーを遠くに飛ばすことができるように仕上げられている。

メバリングロッドの特徴

軽いジグヘッドリグを遠くへ飛ばすことができる柔軟性と繊細なあたりがとれる穂先をもったロッドに仕上げられている。ロッドの調子は、乗り調子と掛け調子があるが、初心者はメバルのバイトに合わせて自然にメバルを掛けることができる乗り調子のロッドを選ぶと掛かったメバルをバラスことが少なくなる。30cmを超える尺メバルを狙う専用モデルも発売されている。メバリングに慣れてきたら掛け調子や尺メバル専用ロッドへステップアップがおすすめ。

ルアーロッドの長さ

ロッドの表記に使用されている単位フィート(ft)は、7フィート(ft)で約2.13m、8フィート(ft)で約2.44m、9フィート(ft)で約2.74m、10フィート(ft)で3.04mの長さになります。エギングやメバリングに使用するロッドは、手返しの良さを重要視した8フィート(ft)前後のロッドが多く発売されています。

漁港や堤防で使用するルアーロッドは、8フィート(ft)前後のルアーロッドが手返し良く使用できるのでおすすめ。
サーフや河口など遠投が必要になるポイントは、9フィート(ft)以上のロッドがおすすめです。

ルアーロッドのガイド

ナイロンラインやフロロラインを使用する場合、ラインを通すガイドを意識してロッドを選ぶことはありませんが、PEラインをメインラインに使用する場合は、PEライン対応のガイドを備えたロッドを選ぶと良い。

PEラインは、ガイドに絡みやすいため、ラインがガイドに絡むことを防止するガイドを搭載したロッドが発売されています。

メインラインにPEラインを使用するエギングは、PEライン対応のガイドを搭載したロッドを選ぶことで、ガイドにPEラインが絡むトラブルを軽減できます。

PEラインとロッドのガイドが擦れることで、破損することがあります。素材にSIC、トルザイトを使用したガイドが発売されています。耐摩耗性、ライン保護性能に優れたガイドを装着したモデルが発売されています。PEライン用に設計されたガイドを確認して購入すると良いと思います。

ルアーロッドのテーパーとは

ルアーロッドを選ぶ時の参考にしたい表記にテーパーと呼ばれる表記があります。

メーカーや素材により多少異なりますが、テーパーは、ロッドのしなり具合を示しています。

エキストラファーストテーパー、ファーストテーパー、レギュラーテーパー、スローテーパーとカタログなどに表記されており、イラストのようにロッドが竿先で曲がるのか、竿の胴辺りからロッドが曲がるのか、ロッドの曲がり具合を示しています。

メバリング、アジング:エキストラファーストテーパー、ファーストテーパーと表記されたロッドが多い。

エギング(アオリイカ):レギュラーテーパーと表記されたロッドが多い。

シーバス:レギュラーテーパーと表記されたロッドが多い。

ロッドのテーパー表示

ルアーロッドの硬さやパワーを表す記号

ロッドのカタログやロッドの型番号にL(ライト)、M(ミディアム)、H(ヘビー)などの記号があります。ロッドのパワー(硬さ)を表す記号です。下記の表にまとめてみました。

適合ルアーは、大まかな数字を記載しましたので、メーカーにより異なると思います。あくまで参考として見てください。

柔らかい
↑ 

 

 

 

 

 


硬い

アクション 記号 説明
ウルトラライト UL 適合ルアー:0.5~5g
ライト 適合ルアー:2~9g
ミディアムライト ML 適合ルアー:5~18g
ミディアム 適合ルアー:7~28g
ミディアムヘビー MH 適合ルアー:10~35g
ヘビー 適合ルアー:14~40g

対象魚により、ルアーロッドの硬さを考えたロッドを選ぶ

UL(ウルトラライト)と表記されたロッドは、シーバスなどの大物の魚がかかるとロッドが柔らかすぎて取り込みに苦労します。

仕掛けが切れるか、最悪はロッドが折れることもあるかも。UL(ウルトラライト)のトラウト用ロッドにシーバスが掛かったことがありますが、ロッドが折れないかとひやひやしたことがあります。この時は、リールも1000番台を使っていましたので、リールの性能も不足しておりドラグが鳴りっぱなしの状況で最後は、仕掛けが切れた経験が2回ほどありました。

MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)のロッドは、メバルやアジのルアーフィッシングには、硬すぎて魚のあたりを感じにくくなると思います。

このようにロッドの硬さが柔らかすぎたり、硬すぎたり、ルアーフィッシングの対象魚により向き不向きがあります。

ロッドを購入する時は、ロッドのアクションを確認して、ルアーフィッシングの対象魚にあったロッドを購入しましょう。

メバル、アジは、UL(ウルトラライト)、L(ライト)と表記されているロッドが柔らかくて良いと思います。

エギングは、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)と表記されたロッドが多く、ML(ミディアムライト)あたりのロッドから選ぶと良いと思います。

春のキロクラスのアオリイカを狙う場合、4号以上のエギが扱えるMH(ミディアムヘビー)のロッドの選択もあると思いますが、初心者は、取扱いが難しいと思います。
まずは、秋のエギングに対応したモデルを選ぶと良いと思います。

シーバスは、MH(ミディアムヘビー)のような硬いロッドは、ランカークラスのシーバス、ヒラスズキを狙う時に使用するロッドに多い表記です。

硬すぎるロッドは、シーバスをバラしやすくなりますので、L(ライト)、ML(ミディアムライト)と表記されたロッドの中から選択することをおすすめします。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazonプライムビデオのソルトルアーフィッシング動画をご紹介

この番組は、TVでも放送されていた動画です。ソルトルアーフィッシングの面白さを動画で体験できるおすすめの動画です。エギング、シーバス、アジング、ロックフィッシュなどの番組をピックアップしています。
動画を見るには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。詳細はAmazonホームページを確認してください。

ビギナー歓迎!秋のエギング。

この時期のイカは活性が高く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる最高の季節。今回の舞台は長崎県の五島福江島。福岡空港からわずか40分という場所に位置するこの島は、魚影が濃いことで有名。イメージよりもアクセスがよい離島だ。 そんな場所で秋イカを狙うのは、愛称「たまちゃん」でおなじみの野村珠弥と「みっぴ」こと秋丸美帆。果たして2人はどんな釣りを見せてくれるのか。 釣行初日。ポイントに到着して海を覗いて見ると早速イカの姿が。野村「見えイカ発見!」 すかさずキャストし、サイトフィッシング開始。エギの動きも、反応するイカの姿も全て丸見え!狙い通りエギを抱かせて大興奮!一方、秋丸もサイトフィッシングで狙うが…。秋丸「なんで抱かんの?」

Amazonプライムビデオを見る

能登のエギング

食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋。秋はものごとをはじめるにはピッタリの季節。そんなシーズンに紹介するのがアオリイカを狙うエギングだ。春から初夏にかけて産卵するアオリイカ。孵化した子どものアオリイカは、秋になると活発にエサを追い始める。これからの時期は数釣りが楽しめるベストシーズンだ。9月初旬、2人のアングラーが石川県の能登半島へやって来た。エギングのエキスパート・宮澤幸則と、石川在住で、能登半島をホームグラウンドとしているエギンガー、福島芳宏。 初日。まずは、磯場で竿を出す。この時期のアオリイカはまだ、手のひらサイズ。外敵から身を守る為、浅場の岩礁に潜んでいることが多い。宮澤は、近くの磯へキャスト。すると、すぐにヒット!「やっぱり浅場にたまってるね!」と宮澤。福島は海底の藻場を狙う。「オレがイカならあそこに隠れます!」狙い通りにヒットを連発させた!

Amazonプライムビデオを見る

対馬のエギング

エギングとは、日本の伝統ルアーの餌木(えぎ)を使いながら、アオリイカ、コウイカ、スルメイカなどのイカ類をねらうルアーゲーム。今回はそのエギングファンの間でカリスマと崇められる山田ヒロヒトが登場。長崎県対馬で春の大型アオリイカに挑む。 離島釣行の多い山田は「対馬は、数、型ともに狙えるエギングパラダイス」という。初日、やってきたのは越高(こしたか)の漁港。春の産卵期を迎えたアオリイカは、沖から接岸して海藻に卵を産みつける。周辺にアマモやホンダワラなど海藻の多いこの漁港は期待がもてる。
実釣開始からしばらくして、山田の竿が大きく曲がった。2キロオーバーの大型だ。いきなりのビッグヒットに山田は「この後が恐ろしい」と喜びとも不安ともつかない表情で応えた。その後、2ハイを立て続けに釣り上げ、好釣果で初日を終えた。

Amazonプライムビデオを見る

島根県のシーバスフィッシング

今回は、島根県中海のシーバスフィッシングをお届けする。中海は、宍道湖、日本海と繋がる汽水湖で、西日本屈指のシーバスポイントとして知られている。そんな1級フィールドで、ボートから、陸っぱりから大型シーバスを狙う。アングラーはシーバスの世界記録を持つエキスパート高橋慶朗。初日の朝、まずはボートに乗り込む。高橋が最初にセットしたルアーは、バイブレーションジグ。魚のいる層を広範囲に探るためだ。ルアーをキャストし、着底させ、ゆっくり巻き上げる。そうすることで底層、中層、表層とルアーを引くことが出来る。しかし、アタリはない。 そこへ、「最近は底付近で釣れてますよ」 と船長からアドバイス。高橋は早速、底付近を丁寧に探る。

Amazonプライムビデオを見る

愛媛県・宇和島のアジング

愛媛県・宇和島でアジングを楽しむ。アジングとはアジをルアーで釣ることで、近年爆発的なブームとなっている。 アングラーは、瀬戸内海を中心に活躍する後迫正憲と、房総半島を拠点にするルアーマン、渡邉長士の二人。 まずは、日中の堤防から竿を出す。アジングというと昼間はなかなか釣れず、夜が本番というイメージが強い。ところが宇和島では昼間でも型の良いアジが釣れると評判だ。アジングファンなら一度は訪れてみたい好フィールドだ。 明るいうちから次々と良型アジを釣り上げていく2人。ついには尺超え(30センチオーバー)まで飛び出した。 夜になると常夜灯まわりでのナイトゲームを楽しむ。今度は数釣りを堪能。 アジングのエキスパート2人が魅せるテクニック満載の30分!

Amazonプライムビデオを見る

冬のゴロタ場で根魚三昧

今回は冬のゴロタ場で根魚釣りを存分に堪能する。ゴロタ場とは無数の岩が積み重なって出来た場所。一日中釣りが楽しめる、釣り人にとっては魅惑の場所だ。楽しむのはソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海。ホームグラウンドの真鶴半島を縦横無尽に駆け巡る! 日中の明るい時間は、岩の隙間の奥深くに潜むムラソイを狙う。このポイントに30年以上は通っているという村越は、次々と岩の隙間からムラソイを引き抜いていく。しかもこれが良型揃い。ムラソイとは思えないほどの大きさに数も型も大満足の釣果となった。

Amazonプライムビデオを見る

狙うは40cm壱岐のアジング

長崎の離島、壱岐。この島は、30cmを超える尺アジはおろか、40cm以上のアジがショアから狙って釣れるという、夢のフィールドだ。 今回は、この40cmを超すデカアジを狙う! 釣り方は、今や大人気、ルアーでアジを狙うアジングだ。 アングラーは、千葉県在住、房総半島を拠点にするマルチルアーマン・渡邉長士と、番組初登場、大分県在住のライトゲームスペシャリスト・岩崎林太郎の2人。 壱岐に来るのは初めてだという2人は、竿を出しながら釣れそうなポイントを探っていく。夕方になると、早速アジが顔を見せた。そこからはコンスタントに釣れ続けるがサイズが上がらない。 あくまでも、今回の狙いはデカアジだ。 翌日、暗いうちから竿を出す2人。すると。

Amazonプライムビデオを見る

ソルトルアーフィッシング入門