アジ、メバル、根魚を狙うおすすめの仕掛け!TICT(ティクト) Mキャロ仕掛けで沖目のポイントを狙おう!

■アジング、メバリング、カサゴなどのロックフィッシュにおすすめのTICT(ティクト) Mキャロ仕掛けをご紹介

TICT(ティクト) Mキャロは、アジ、メバル、根魚など、狙えるターゲットも幅広く探れるので、覚えると手放せなくなる仕掛けです。

ロッドは、尺メバル用のバッドのあるロッドを使用して、Mキャロ仕掛けで、沖目のポイントを手返し良く探るアジングやメバリングに重宝しています。尺アジや尺メバルなど大きなサイズのアジやメバルの期待ができる仕掛けなので、作り方に慣れるとこの仕掛けが手放せなくなりました。

TICT(ティクト) Mキャロのタイプ

タイプや重さが異なるMキャロがラインナップされていますので、狙うタナなど、その時々の状況でタイプや重さを変えると幅が広がります。

Mキャロ仕掛けの作り方

揃える道具は、尺メバル用など、バッドにパワーのあるロッドがおすすめ。

0.4号程度のPEラインをメインラインに使用するなら1000~2000番台のスピンニングリール。0.6号程度のPEラインをメインラインに使用するなら2000~2500番台のスピンニングリールを準備しましょう。私は、2500番台のハイギア、尺メバル用のスピンニングを使っています。

メインラインとして、PEラインが飛距離がでるのでPEラインを選ぶと良い。

あとは、メインラインとMキャロ、ウキ止め、スイベル間を結ぶ1~2号のフロロカーボンライン。エギング用などを代用しても問題ないとおもいます。

スイベルとジグヘッドを結ぶ3~4lbのフロロカーボンライン、ジグヘッドに装着する各種ワームを準備しましょう。ワームはメバリングやアジングに使用するワームで問題ないと思います。

Mキャロ仕掛け、おすすめタックル

シマノソアレBBは、価格も手ごろで初心者の入門にもおすすめ。シマノならナスキーも価格が安い割には使いやすいリールなので価格を抑えたいならナスキーもおすすめのリールです。

ロッドは、TICT(ティクト) から発売されているINBITEのキャロモデルなど、パワーのあるロッドがおすすめです。

PEラインはラパラ(Rapala) PEライン ラピノヴァXマルチゲームは、150m巻きで価格も安く、おすすめです。

コスパが良いので、よく使用しています。

ショックリーダーは、モーリス(MORRIS) ショックリーダーが使いやすくおすすめ。

号数は色々あるので、メインラインとスイベル間、スイベル間とジグヘッド間を結ぶラインを2種類ほど用意できると良いと思います。

あとは、スイベルとゴム製のクッションになるウキ止め 夜光玉などを用意しましょう。

ガルプは、爆釣もあるので初心者におすすめ。