アジングで釣れたメバルとおすすめルアー

8月の中旬にアジングをしていた時に釣れたメバルです。

アジングやメバリングで良く使わせていただいているメーカーの一つOWNER(オーナー針り)のC’ultiva製品があります。

使用したワームはアジ式(アジ専用)と書いてある、OWNER(オーナー針り) C’ultiva製品「マイクロワーム MICRO WORM」アジネクトン クリアーゴールドです。

OWNER(オーナー) MW03アジネクトン 09クリアーゴールド

アジ式(アジ専用)と言いながらカサゴやメバルも釣れます。

C’ultivaシリーズは、価格が安くて、財布に優しいのに釣れる製品が多いので、お気に入りのメーカーです。

C’ultiva製品の中で良く使うワーム製品「マイクロワーム MICRO WORM」は、針先を抜く、目印がワームについていて、針を刺しやすい工夫や針を通しやすい素材を使い、ジグヘッドにワームをセットすることが簡単でとても使いやすい製品です。

ワームに針を通す時に針を抜く目印があるとワームに針を通した時の失敗が少なく、また、手返し良く、ワームのローテーションができるので、釣りの現場で行う、ワームローテーションを楽にしてくれる仕組みは、時間の短縮になって、非常に助かります。

また、この「マイクロワーム MICRO WORM」の実績は、私個人の中では実績が高い製品になっています。良く釣れます。^^

メバリングやアジングで釣れた実績が高く、リピートさせていただいている製品の一つです。

「マイクロワーム MICRO WORM」は、その時々の魚の大きさで2インチサイズから1.5インチサイズにハサミでカットして使用することができる目印がついていたり(ショートバイトで釣れない場面では、ワームをハサミでカットして、魚に食わせやすいサイズにカスタマイズできる)など、沢山の工夫が盛り込まれているので、おすすめです。

またワームと一緒に使わせていただくジグは、OWNER(オーナー針り) C’ultiva製品「流弾丸シリーズ」がおすすめ。いつも使わせていただいています。

オーナー(OWNER) 流弾丸 JH-85 1.3g

このジグの特徴として、水平姿勢を保ちながらワームをリトリーブできるので、使いやすく、初心者にもおすすめの製品です。
(水平を保ちながらリトリーブって、メバリングやアジングに結構重要なテクニックだと思っています)

この「流弾丸シリーズ」のジグは、2つのアイを持つ独創的なジグヘッド形状をしています。

フロントアイにラインを結んでリトリーブすると表層へ浮き上がるので、上ずったメバルを狙うことができる仕掛けが作れます。

メインアイにラインを結んでリトリーブすると、ジグヘッドが潮を受けて、浮き上がりを抑え水平姿勢を保ちながらレンジをキープできる仕掛けが作れます。

♪♪魚のいるレンジを保ちながらリトリーブできる仕掛けが作れるので、気に入っています。

ここまで、C’ultiva製品のジグヘッドを紹介しておきながら、動画のジグヘッドは、C’ultiva製品でなく、ティクト(TICT)の製品と組み合わせた時に釣れたメバルです。

ティクト(TICT) アジスタ SS-0.8g

この時は、ジグにティクト(TICT)のアジスタとワームにC’ultiva製品のアジネクトン クリアーゴールドを装着、ゴールドに輝く、仕掛けが作れたので、いい組み合わせかもと思いながら購入、実釣した時にかかったメバルです。

また、この組み合わせ、試してみたいと思います。ティクト(TICT) アジスタのゴールドに輝く、針、いいかも。