メバリングは、晩秋からシーズンに入ります!メバルの数釣りを楽しめる時期です。

◼初心者におすすめのソルトルアーフィッシングのターゲット。メバリングを詳しく解説します!

地域により、異なることもありますが、一般的に晩秋から初冬にかけて、ソルトルアーフィッシングのターゲット、メバルのシーズンが本格化します。

メバルは、陸っぱりから数釣りを楽しめるソルトルアーフィッシング入門にお手軽なターゲットです。

一般的なメバルのシーズンは、初冬から初夏にかけて、シーズンと言われています。

■メバリングシーズン早見表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

メバルをターゲットにしたルアーフィッシングをメバリングと言っています。

平均して15cm~20cmのメバルの数釣りを楽しむ事ができます。

水温が下がる晩秋(初冬)になると沖合から良型メバルが産卵のために沿岸部に接岸します。

産卵を控えた良型メバルを沿岸部から狙えるようになります。

産卵を終えたメバルは、体力回復のため、エサを活発的に捕食するようになるので、初冬から初夏にかけて、数釣りを楽しむことができるメバリングのシーズンと言われています。

水温が上がる季節になると沖合の適水温に移動するため、沿岸部から狙える良型の個体は少なくなります。また、地域によっては、梅雨の頃までシーズンは続きます。

◼メバルの成長について

外敵の少ない冬場に生まれた稚魚は、ゆりかごとなる漁港などの潮通しの良い沿岸部でプランクトンやアミ類を捕食しながら時間をかけて成長します。

1年目に10cm、1~2年目に15cm、2~3年で15~17cm、3~5年で17~20cm、20cm近くに成長するとエサの豊富な沖合に移動しながら成長し、5年目以降25cm、尺(30cm以上)を超えるメバルになると15年目以上と言われています。

漁港などの沿岸部で狙えるメバルは、10~20cmのサイズが一般的なサイズですが、掛かった時の引き味は、淡水のルアーフィッシングのターゲット、ブラックバス以上に良く引きますので、釣って楽しい魚です。

初心者でもシーズンは、数釣りを楽しめます。

さらにメバルは、大変美味しい魚なので、釣りを終えた後に食することも楽しみな魚です。

20cm近いメバルになると引き味は、一味も二味も違うため、ソルトルアーフィッシングの楽しさを満喫できます。

漁港などの沿岸部で尺を超えるメバルは、警戒心も強く、釣れることは稀ですが、その引き味は、シーバス以上と言われており、ソルトルアーを楽しむアングラーにとって、夢のあるターゲットです。

メバルをターゲットにしたソルトルアーフィッシングをさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をお読みください。

初心者にも分かりやすく、メバリングを解説します。

メバリング入門を読む

もうすぐ、メバリングの季節になります。

この時期になるとメバリングを楽しみにしながら秋のシーズンのエギングを楽しんでいます。^^