ヤエン入門

掛けバリ(ヤエン)にアオリイカを乗せるヤエンにチャレンジしてみよう!


掛けバリのついていない仕掛けにアオリイカを乗せるヤエン釣法は、昔から行われているアオリイカを釣る釣法です。

生けアジを泳がせて、アオリイカを誘うヤエン釣法は、一見すると素人には難しく、マニアックな釣りと思っていましたが、アジングのかたわらに、アジングで釣ったアジを生けエサにヤエンを楽しんでいます。

掛けバリのない生けアジを泳がせてアオリイカを誘う釣りなので、あたりも多く、掛けバリ(ヤエン)を投入してアオリイカを掛けるまでのアオリイカとのやり取り(乗るか乗らないか)のハラハラドキドキ感がたまらない醍醐味のある魅力的な釣法です。

この魅力的なアオリイカのヤエン釣法をご紹介したいと思います。

ヤエン仕掛けの作り方

最近は、大型の釣具店にもヤエンコーナーが出来ており、ヤエンの人気が少しずつ高まっているように感じます。ヤエンで使用する道具も工夫が重ねられ、日々進化している釣りなので、これからアオリイカの釣りを始めようとする初心者にもおすすめしたい釣りの一つです。

ルアーフィッシングのようにラインの先端に結んだ針に生けアジを付けるだけで仕掛けが完成するので、ヤエン仕掛けは、それほど難しくないシンプルな仕掛けと思います。

アジを付けるための針は、アオリイカを掛けるための針ではなく、ヤエンという針が付いた道具を投入してアオリイカを掛けることで成立する釣りなので、この点がヤエンを難しく感じるポイントだと思います。

また、直接、ラインにアジを結ぶ仕掛けでヤエンをするアングラーもいますので、アジのつけ方を含めて、ヤエンの仕掛けを図解しますので、参考にしてください。

チヌ針にアジを付ける時は、アジのゼイゴと呼ばれる尻尾の部位に針を打つ仕掛けが、アジが弱りにくくおすすめです。

ヤエンに使用するロッドは、1.5号~2号の4m~5.3mの長さのロッドを準備しましょう。

初期投資を抑えられるので、中古ロッドでヤエンを始めても良いと思います。

私も中古で購入した5.3m、磯竿1.5号が手元にあったので、このロッドを使ってヤエンをはじめましたが、問題なく始めることができました。

1.5号の磯竿は、穂先が柔らかく、生けアジを投げる時に心許ないので、アジの遠投がしやすい、少し硬めの磯竿2号あたりが初心者に使いやすいロッドと感じています。

ロッドの長さは、5m以上は、取り回しが悪くなるので、4.5m程度の長さのロッドが扱いやすくおすすめの長さと思います。

リールは、ドラグの調整をリールの後ろに搭載したダイヤルで調整できるアオリイカのヤエン専用のスピンニングリールも発売されています。

2号程度のフロロカーボンラインを150m~200m程度巻くことができる2500~3000番台のスピンニングリールであれば、ヤエンの使用に問題ないと思います。

リールのドラグを調整しやすいスピンニングリールがおすすめです。

リールに巻くラインは、フロロカーボンラインであれば、水に沈みやすい特徴を活かして生けアジが泳ぎ回るのに都合がいいラインです。フロロカーボンラインは、水深のある場所や風の強い日におすすめのラインです。

ウィークポイントは、底に障害物が多い場所や浅場では、沈みやすいフロローカーボンの特性が根掛りに繋がる事があること。

ラインに糸癖が付きやすい点がウィークポイントと思います。糸癖を軽減したヤエン専用のラインもラインナップされているので、使いやすいラインを探して見ましょう。

ナイロンラインは、ラインの強度は、フロロカーボンラインにおとりますが、ナイロンラインのしなやかな特性は使いやすく、ラインに伸びがあるのでアオリイカを掛けた際にタメがきくことです。

値段も手頃なのも嬉しいポイントです。

フロロカーボンラインが使い辛い場合、ナイロンラインを選択することも良いと思います。

PEラインは、使いにくいですが、強度が他のラインに比べて強く、春のキロアップのアオリイカの引きにも細いラインで対応できる点、ナイロンラインと違い伸びがほとんどないので、アタリがダイレクトに伝わってくるという利点があります。

但し、PEラインは、軽いので風に流されやすく、風の強い日、深場のポイントでの使用は、使い辛いと思います。

最近は、ラインに比重があって、水に沈むPEラインも発売されています。PEラインをヤエンに使うアングラーも増えていると思います。

値段はそれなりにするので、まずはフロロカーボンラインかナイロンラインからラインを選ぶと良いと思います。

ヤエンに使うラインの号数は、2号程度のフロロカーボンラインを150m~200m巻いておくと安心です。

ナイロンラインであれば、+0.5号程度した号数のナイロンラインを選ぶと強度不足の心配がなくなります。

しかし、太いラインの使用は、生けアジへの負担になると思いますので、釣り場の形状(磯場や藻場が多く根掛のしやすい場所)、ポイントに合わせて、ラインの号数を選択できると良いと思います。

また、秋は、1キロ以下の新子の釣りになるので、1.25~1・5号のフロロカーボンラインを使うアングラーも多いようです。

春は、キロアップの親のアオリイカを狙うので、2号以上のラインを150m~180m程巻いておくと安心です。

アオリイカの釣れるシーズン

アオリイカの一生は、1年と言われています。

春になると冬場に沖で親イカに成長したアオリイカが産卵のため、アマモやホンダワラのある磯場や護岸、漁港などに接岸してきます。

■アオリイカのシーズン早見表


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

地方により異なりますが、3月頃~6月頃に冬に沖で大きく成長したアオリイカを陸っぱりから狙うことができるシーズンになります。

この頃のアオリイカは、全長が70cm~80cm(2kg)にもなり、親イカに成長したアオリイカを陸っぱりから狙うアングラーで賑わいます。

7月頃~8月頃にアマモやホンダワラに産卵された卵から生まれたアオリイカが、潮通しのよい堤防や護岸のある漁港、ゴロタサーフ、磯場などでコロッケサイズにまで成長します。

9月頃~11月頃が初心者にもおすすめのアオリイカの数釣りが楽しめる秋のベストシーズンになります。

ヤエンにアオリイカを掛けるまでの手順を解説

ヤエンの釣り方を図解します。

仕掛けに生けアジをつける時は、人の体温でアジをつかむとアジが弱るため、手をアジの生かしバケツの水につけて、水温と同じ温度になるまで手を冷やしてからアジを触るようにします。

アジには、少しぬめりがあるので、手からすり抜けやすいですが、手で押さえてアジの尾に向かって伸びるゼイゴに針を打ってアジを付けます。

アジを仕掛けにつけることが出来たら、海へ投げ入れて、アジが海水温になれるまで、足元近くでアジを泳がせましょう。

アジが海水温に慣れて、落ち着いたら狙ったポイントへ竿を振って、アジを投げて投入します。

アジを水から出している時間をできるだけ短くするため、手早くアジをポイント目がけて投入しましょう。

アオリイカのいるポイントは、藻が多い場所や潮と潮のヨレて波がたっていないような場所にエサとなる小魚が溜まるので狙い目のポイントです。

アジの投入はアジが着水するタイミングでラインをサミングし、静かに着水してあげるとアジへのダメージが少なくて済みます。

リールのドラグは、ラインを引いた時にラインが出ていくまでドラグを緩めておきます。後は、アオリイカがアジに掛かるまで置き竿をして待ちましょう。

フロロカーボンラインを使用する時は、アジが藻へ潜り、根掛を起こす可能性が高くなるので、5分置きにラインのフケを取りながらできるだけラインを張っておくようにすると良いと思います。

アオリイカのあたりは、ラインがたるんだり、ラインを引くような動きは、アオリイカがアジを追いかけ、アジが表層や深みへ逃げている可能性があります。

しばらくして、いきなりラインが走りだし、ドラグを緩めたリールからラインが出ていくあたりに変わります。

アオリイカがアジに致命傷を与え、アジを動けなくしてからアジを抱いている状態。ここまで早くて2、3分、平均5分ぐらいが目安です。

ここで慌ててラインを引くと、違和感を覚えたアオリイカ警戒し逃げる可能性が高いため、ラインが出してから5分くらいは辛抱して待ちましょう。

ラインが出るのが止まるとアオリイカがアジを食べる事に夢中になって、魚を抱き込んで本格的に食べ始めた合図。

この状態で竿をゆっくりと引いて、アオリイカがアジを抱いていることを確認しましょう。

アオリイカ独特のグィー、グィーと引くあたりは、アオリイカがアジを抱いている証拠です。この状態は、針に掛かっていないアオリイカがアジを抱いている状態です。ヤエンを投入するまでは、アオリイカは、針にかかっていませんので、慎重にアオリイカを寄せてきます。

合わせや無理な引きを入れず、アオリイカに警戒心を与えないようにゆっくり同じテンションでリールを巻いてアオリイカを岸へ寄せて来ましょう。アジを食べる事に夢中になっているアオリイカは、アジを逃がさないようしっかりと抱いて、グィー、グィーと引っ張ってくるはず。この間のやり取りがヤエン釣りで最も緊張します

。この緊張感やハラハラドキドキ感を知ってしまうと、ヤエン釣りが楽しい釣りで、ヤエン釣りが好きなアングラーが多いことが分かると思います。

ヤエンの投入のタイミングについて、セオリーがないため、経験によりタイミングを図ることになると思います。目安は、竿先から水中に入っていくラインの角度を見て、水面から30~45度ぐらいになったタイミングがヤエンを投入しやすい角度と思います。

アオリイカを寄せて来て、竿先から水中に向かうラインの角度が30~45度ぐらいになったら竿を後ろへ倒しながらラインを手繰り寄せて、ライン掴んで、ヤエンを装着します。

装着したら水中に向かって、ロープウェイのようにラインにヤエンを滑らせて水中へ投入しましょう。

ヤエンを投入したら竿を上げながらヤエンをアオリイカまで届けましょう。

ヤエンがアジに届いたタイミングでヤエンが跳ね上がり、ヤエンの先端についた掛け針にアオリイカが掛かれば、ヤエンの投入は成功です。

後は、ラインにテンションを掛けながらアオリイカを手前まで引いてきます。

大きなアオリイカは、無理に持ち上げると身切れをして逃がしてしまいますので、玉アミやアオリイカ用のギャフを使ってアオリイカを取込みます。

足側から玉アミを入れると驚いたアオリイカが逃げようと後ろに進むため、玉アミやギャフを使って、アオリイカの背後から取り込むのがセオリーです。

アオリイカのヤエン釣りの解説は、ここまでですが、アジングなどの合間にヤエンをすることもおすすめです。釣具店で生けアジを販売もされていますので、生けアジを手に入れることは困らないと思います。

空気を送るアジの生かしバケツ等も販売されているので、生けアジを購入する際は、アジの生かしバケツにアジを入れて持ち運びましょう。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazonプライムビデオのソルトルアーフィッシング動画をご紹介

この番組は、TVでも放送されていた動画です。ソルトルアーフィッシングの面白さを動画で体験できるおすすめの動画です。エギング、シーバス、アジング、ロックフィッシュなどの番組をピックアップしています。
動画を見るには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。詳細はAmazonホームページを確認してください。

ビギナー歓迎!秋のエギング。

この時期のイカは活性が高く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる最高の季節。今回の舞台は長崎県の五島福江島。福岡空港からわずか40分という場所に位置するこの島は、魚影が濃いことで有名。イメージよりもアクセスがよい離島だ。 そんな場所で秋イカを狙うのは、愛称「たまちゃん」でおなじみの野村珠弥と「みっぴ」こと秋丸美帆。果たして2人はどんな釣りを見せてくれるのか。 釣行初日。ポイントに到着して海を覗いて見ると早速イカの姿が。野村「見えイカ発見!」 すかさずキャストし、サイトフィッシング開始。エギの動きも、反応するイカの姿も全て丸見え!狙い通りエギを抱かせて大興奮!一方、秋丸もサイトフィッシングで狙うが…。秋丸「なんで抱かんの?」

Amazonプライムビデオを見る

能登のエギング

食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋。秋はものごとをはじめるにはピッタリの季節。そんなシーズンに紹介するのがアオリイカを狙うエギングだ。春から初夏にかけて産卵するアオリイカ。孵化した子どものアオリイカは、秋になると活発にエサを追い始める。これからの時期は数釣りが楽しめるベストシーズンだ。9月初旬、2人のアングラーが石川県の能登半島へやって来た。エギングのエキスパート・宮澤幸則と、石川在住で、能登半島をホームグラウンドとしているエギンガー、福島芳宏。 初日。まずは、磯場で竿を出す。この時期のアオリイカはまだ、手のひらサイズ。外敵から身を守る為、浅場の岩礁に潜んでいることが多い。宮澤は、近くの磯へキャスト。すると、すぐにヒット!「やっぱり浅場にたまってるね!」と宮澤。福島は海底の藻場を狙う。「オレがイカならあそこに隠れます!」狙い通りにヒットを連発させた!

Amazonプライムビデオを見る

対馬のエギング

エギングとは、日本の伝統ルアーの餌木(えぎ)を使いながら、アオリイカ、コウイカ、スルメイカなどのイカ類をねらうルアーゲーム。今回はそのエギングファンの間でカリスマと崇められる山田ヒロヒトが登場。長崎県対馬で春の大型アオリイカに挑む。 離島釣行の多い山田は「対馬は、数、型ともに狙えるエギングパラダイス」という。初日、やってきたのは越高(こしたか)の漁港。春の産卵期を迎えたアオリイカは、沖から接岸して海藻に卵を産みつける。周辺にアマモやホンダワラなど海藻の多いこの漁港は期待がもてる。
実釣開始からしばらくして、山田の竿が大きく曲がった。2キロオーバーの大型だ。いきなりのビッグヒットに山田は「この後が恐ろしい」と喜びとも不安ともつかない表情で応えた。その後、2ハイを立て続けに釣り上げ、好釣果で初日を終えた。

Amazonプライムビデオを見る

島根県のシーバスフィッシング

今回は、島根県中海のシーバスフィッシングをお届けする。中海は、宍道湖、日本海と繋がる汽水湖で、西日本屈指のシーバスポイントとして知られている。そんな1級フィールドで、ボートから、陸っぱりから大型シーバスを狙う。アングラーはシーバスの世界記録を持つエキスパート高橋慶朗。初日の朝、まずはボートに乗り込む。高橋が最初にセットしたルアーは、バイブレーションジグ。魚のいる層を広範囲に探るためだ。ルアーをキャストし、着底させ、ゆっくり巻き上げる。そうすることで底層、中層、表層とルアーを引くことが出来る。しかし、アタリはない。 そこへ、「最近は底付近で釣れてますよ」 と船長からアドバイス。高橋は早速、底付近を丁寧に探る。

Amazonプライムビデオを見る

愛媛県・宇和島のアジング

愛媛県・宇和島でアジングを楽しむ。アジングとはアジをルアーで釣ることで、近年爆発的なブームとなっている。 アングラーは、瀬戸内海を中心に活躍する後迫正憲と、房総半島を拠点にするルアーマン、渡邉長士の二人。 まずは、日中の堤防から竿を出す。アジングというと昼間はなかなか釣れず、夜が本番というイメージが強い。ところが宇和島では昼間でも型の良いアジが釣れると評判だ。アジングファンなら一度は訪れてみたい好フィールドだ。 明るいうちから次々と良型アジを釣り上げていく2人。ついには尺超え(30センチオーバー)まで飛び出した。 夜になると常夜灯まわりでのナイトゲームを楽しむ。今度は数釣りを堪能。 アジングのエキスパート2人が魅せるテクニック満載の30分!

Amazonプライムビデオを見る

冬のゴロタ場で根魚三昧

今回は冬のゴロタ場で根魚釣りを存分に堪能する。ゴロタ場とは無数の岩が積み重なって出来た場所。一日中釣りが楽しめる、釣り人にとっては魅惑の場所だ。楽しむのはソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海。ホームグラウンドの真鶴半島を縦横無尽に駆け巡る! 日中の明るい時間は、岩の隙間の奥深くに潜むムラソイを狙う。このポイントに30年以上は通っているという村越は、次々と岩の隙間からムラソイを引き抜いていく。しかもこれが良型揃い。ムラソイとは思えないほどの大きさに数も型も大満足の釣果となった。

Amazonプライムビデオを見る

狙うは40cm壱岐のアジング

長崎の離島、壱岐。この島は、30cmを超える尺アジはおろか、40cm以上のアジがショアから狙って釣れるという、夢のフィールドだ。 今回は、この40cmを超すデカアジを狙う! 釣り方は、今や大人気、ルアーでアジを狙うアジングだ。 アングラーは、千葉県在住、房総半島を拠点にするマルチルアーマン・渡邉長士と、番組初登場、大分県在住のライトゲームスペシャリスト・岩崎林太郎の2人。 壱岐に来るのは初めてだという2人は、竿を出しながら釣れそうなポイントを探っていく。夕方になると、早速アジが顔を見せた。そこからはコンスタントに釣れ続けるがサイズが上がらない。 あくまでも、今回の狙いはデカアジだ。 翌日、暗いうちから竿を出す2人。すると。

Amazonプライムビデオを見る

海釣りルアー入門!