ヤエン入門

掛けバリ(ヤエン)にアオリイカを乗せるヤエンにチャレンジしてみよう!


掛けバリのついていない仕掛けにアオリイカを乗せるヤエン釣法は、昔から行われているアオリイカを釣る釣法です。

生けアジを泳がせて、アオリイカを誘うヤエン釣法は、一見すると素人には難しく、マニアックな釣りと思っていましたが、アジングのかたわらに、アジングで釣ったアジを生けエサにヤエンを楽しんでいます。

掛けバリのない生けアジを泳がせてアオリイカを誘う釣りなので、あたりも多く、掛けバリ(ヤエン)を投入してアオリイカを掛けるまでのアオリイカとのやり取り(乗るか乗らないか)のハラハラドキドキ感がたまらない醍醐味のある魅力的な釣法です。

この魅力的なアオリイカのヤエン釣法をご紹介したいと思います。

ヤエン仕掛けの作り方

最近は、大型の釣具店にもヤエンコーナーが出来ており、ヤエンの人気が少しずつ高まっているように感じます。ヤエンで使用する道具も工夫が重ねられ、日々進化している釣りなので、これからアオリイカの釣りを始めようとする初心者にもおすすめしたい釣りの一つです。

ルアーフィッシングのようにラインの先端に結んだ針に生けアジを付けるだけで仕掛けが完成するので、ヤエン仕掛けは、それほど難しくないシンプルな仕掛けと思います。

アジを付けるための針は、アオリイカを掛けるための針ではなく、ヤエンという針が付いた道具を投入してアオリイカを掛けることで成立する釣りなので、この点がヤエンを難しく感じるポイントだと思います。

また、直接、ラインにアジを結ぶ仕掛けでヤエンをするアングラーもいますので、アジのつけ方を含めて、ヤエンの仕掛けを図解しますので、参考にしてください。

チヌ針にアジを付ける時は、アジのゼイゴと呼ばれる尻尾の部位に針を打つ仕掛けが、アジが弱りにくくおすすめです。

ヤエンに使用するロッドは、1.5号~2号の4m~5.3mの長さのロッドを準備しましょう。

初期投資を抑えられるので、中古ロッドでヤエンを始めても良いと思います。

私も中古で購入した5.3m、磯竿1.5号が手元にあったので、このロッドを使ってヤエンをはじめましたが、問題なく始めることができました。

1.5号の磯竿は、穂先が柔らかく、生けアジを投げる時に心許ないので、アジの遠投がしやすい、少し硬めの磯竿2号あたりが初心者に使いやすいロッドと感じています。

ロッドの長さは、5m以上は、取り回しが悪くなるので、4.5m程度の長さのロッドが扱いやすくおすすめの長さと思います。

リールは、ドラグの調整をリールの後ろに搭載したダイヤルで調整できるアオリイカのヤエン専用のスピンニングリールも発売されています。

2号程度のフロロカーボンラインを150m~200m程度巻くことができる2500~3000番台のスピンニングリールであれば、ヤエンの使用に問題ないと思います。

リールのドラグを調整しやすいスピンニングリールがおすすめです。

リールに巻くラインは、フロロカーボンラインであれば、水に沈みやすい特徴を活かして生けアジが泳ぎ回るのに都合がいいラインです。フロロカーボンラインは、水深のある場所や風の強い日におすすめのラインです。

ウィークポイントは、底に障害物が多い場所や浅場では、沈みやすいフロローカーボンの特性が根掛りに繋がる事があること。

ラインに糸癖が付きやすい点がウィークポイントと思います。糸癖を軽減したヤエン専用のラインもラインナップされているので、使いやすいラインを探して見ましょう。

ナイロンラインは、ラインの強度は、フロロカーボンラインにおとりますが、ナイロンラインのしなやかな特性は使いやすく、ラインに伸びがあるのでアオリイカを掛けた際にタメがきくことです。

値段も手頃なのも嬉しいポイントです。

フロロカーボンラインが使い辛い場合、ナイロンラインを選択することも良いと思います。

PEラインは、使いにくいですが、強度が他のラインに比べて強く、春のキロアップのアオリイカの引きにも細いラインで対応できる点、ナイロンラインと違い伸びがほとんどないので、アタリがダイレクトに伝わってくるという利点があります。

但し、PEラインは、軽いので風に流されやすく、風の強い日、深場のポイントでの使用は、使い辛いと思います。

最近は、ラインに比重があって、水に沈むPEラインも発売されています。PEラインをヤエンに使うアングラーも増えていると思います。

値段はそれなりにするので、まずはフロロカーボンラインかナイロンラインからラインを選ぶと良いと思います。

ヤエンに使うラインの号数は、2号程度のフロロカーボンラインを150m~200m巻いておくと安心です。

ナイロンラインであれば、+0.5号程度した号数のナイロンラインを選ぶと強度不足の心配がなくなります。

しかし、太いラインの使用は、生けアジへの負担になると思いますので、釣り場の形状(磯場や藻場が多く根掛のしやすい場所)、ポイントに合わせて、ラインの号数を選択できると良いと思います。

また、秋は、1キロ以下の新子の釣りになるので、1.25~1・5号のフロロカーボンラインを使うアングラーも多いようです。

春は、キロアップの親のアオリイカを狙うので、2号以上のラインを150m~180m程巻いておくと安心です。

アオリイカの釣れるシーズン

アオリイカの一生は、1年と言われています。

春になると冬場に沖で親イカに成長したアオリイカが産卵のため、アマモやホンダワラのある磯場や護岸、漁港などに接岸してきます。

■アオリイカのシーズン早見表


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

地方により異なりますが、3月頃~6月頃に冬に沖で大きく成長したアオリイカを陸っぱりから狙うことができるシーズンになります。

この頃のアオリイカは、全長が70cm~80cm(2kg)にもなり、親イカに成長したアオリイカを陸っぱりから狙うアングラーで賑わいます。

7月頃~8月頃にアマモやホンダワラに産卵された卵から生まれたアオリイカが、潮通しのよい堤防や護岸のある漁港、ゴロタサーフ、磯場などでコロッケサイズにまで成長します。

9月頃~11月頃が初心者にもおすすめのアオリイカの数釣りが楽しめる秋のベストシーズンになります。

ヤエンにアオリイカを掛けるまでの手順を解説

ヤエンの釣り方を図解します。

仕掛けに生けアジをつける時は、人の体温でアジをつかむとアジが弱るため、手をアジの生かしバケツの水につけて、水温と同じ温度になるまで手を冷やしてからアジを触るようにします。

アジには、少しぬめりがあるので、手からすり抜けやすいですが、手で押さえてアジの尾に向かって伸びるゼイゴに針を打ってアジを付けます。

アジを仕掛けにつけることが出来たら、海へ投げ入れて、アジが海水温になれるまで、足元近くでアジを泳がせましょう。

アジが海水温に慣れて、落ち着いたら狙ったポイントへ竿を振って、アジを投げて投入します。

アジを水から出している時間をできるだけ短くするため、手早くアジをポイント目がけて投入しましょう。

アオリイカのいるポイントは、藻が多い場所や潮と潮のヨレて波がたっていないような場所にエサとなる小魚が溜まるので狙い目のポイントです。

アジの投入はアジが着水するタイミングでラインをサミングし、静かに着水してあげるとアジへのダメージが少なくて済みます。

リールのドラグは、ラインを引いた時にラインが出ていくまでドラグを緩めておきます。後は、アオリイカがアジに掛かるまで置き竿をして待ちましょう。

フロロカーボンラインを使用する時は、アジが藻へ潜り、根掛を起こす可能性が高くなるので、5分置きにラインのフケを取りながらできるだけラインを張っておくようにすると良いと思います。

アオリイカのあたりは、ラインがたるんだり、ラインを引くような動きは、アオリイカがアジを追いかけ、アジが表層や深みへ逃げている可能性があります。

しばらくして、いきなりラインが走りだし、ドラグを緩めたリールからラインが出ていくあたりに変わります。

アオリイカがアジに致命傷を与え、アジを動けなくしてからアジを抱いている状態。ここまで早くて2、3分、平均5分ぐらいが目安です。

ここで慌ててラインを引くと、違和感を覚えたアオリイカ警戒し逃げる可能性が高いため、ラインが出してから5分くらいは辛抱して待ちましょう。

ラインが出るのが止まるとアオリイカがアジを食べる事に夢中になって、魚を抱き込んで本格的に食べ始めた合図。

この状態で竿をゆっくりと引いて、アオリイカがアジを抱いていることを確認しましょう。

アオリイカ独特のグィー、グィーと引くあたりは、アオリイカがアジを抱いている証拠です。この状態は、針に掛かっていないアオリイカがアジを抱いている状態です。ヤエンを投入するまでは、アオリイカは、針にかかっていませんので、慎重にアオリイカを寄せてきます。

合わせや無理な引きを入れず、アオリイカに警戒心を与えないようにゆっくり同じテンションでリールを巻いてアオリイカを岸へ寄せて来ましょう。アジを食べる事に夢中になっているアオリイカは、アジを逃がさないようしっかりと抱いて、グィー、グィーと引っ張ってくるはず。この間のやり取りがヤエン釣りで最も緊張します

。この緊張感やハラハラドキドキ感を知ってしまうと、ヤエン釣りが楽しい釣りで、ヤエン釣りが好きなアングラーが多いことが分かると思います。

ヤエンの投入のタイミングについて、セオリーがないため、経験によりタイミングを図ることになると思います。目安は、竿先から水中に入っていくラインの角度を見て、水面から30~45度ぐらいになったタイミングがヤエンを投入しやすい角度と思います。

アオリイカを寄せて来て、竿先から水中に向かうラインの角度が30~45度ぐらいになったら竿を後ろへ倒しながらラインを手繰り寄せて、ライン掴んで、ヤエンを装着します。

装着したら水中に向かって、ロープウェイのようにラインにヤエンを滑らせて水中へ投入しましょう。

ヤエンを投入したら竿を上げながらヤエンをアオリイカまで届けましょう。

ヤエンがアジに届いたタイミングでヤエンが跳ね上がり、ヤエンの先端についた掛け針にアオリイカが掛かれば、ヤエンの投入は成功です。

後は、ラインにテンションを掛けながらアオリイカを手前まで引いてきます。

大きなアオリイカは、無理に持ち上げると身切れをして逃がしてしまいますので、玉アミやアオリイカ用のギャフを使ってアオリイカを取込みます。

足側から玉アミを入れると驚いたアオリイカが逃げようと後ろに進むため、玉アミやギャフを使って、アオリイカの背後から取り込むのがセオリーです。

アオリイカのヤエン釣りの解説は、ここまでですが、アジングなどの合間にヤエンをすることもおすすめです。釣具店で生けアジを販売もされていますので、生けアジを手に入れることは困らないと思います。

空気を送るアジの生かしバケツ等も販売されているので、生けアジを購入する際は、アジの生かしバケツにアジを入れて持ち運びましょう。