エギング入門

アオリイカのエギング入門

■エギングってどんな釣りなの?

日本の漁師の間で使われていた烏賊(イカ)を釣るための道具(餌木)がアオリイカなどの烏賊(イカ)を誘って釣りをするためのルアー(エギ)へ生まれ変わり、ルアーマンを魅了している人気のルアーフィッシングです。

■エギングで狙えるイカ(烏賊)の種類とおすすめのターゲットは?

アオリイカ、ヤリイカ、コウイカなど多彩ですが、アオリイカをターゲットとしたエギングの人気があります。

アオリイカは、ほぼ全国の沿岸に分布しており、漁港や堤防、磯、ゴロタサーフなどの陸っぱりから狙えるイカ(烏賊)です。

エギングの魅力は、イカ(烏賊)がエギに掛かった時の引き味を楽しむこと。さらに釣りを終えた後にイカ(烏賊)を食することも楽しみなところにあると思います。

アオリイカは、地方によって1年中釣果がありますが、一般的なシーズンは、春と秋に訪れると言われています。

夏から秋は、新子と呼ばれるアオリイカが、潮通しの良い波の穏やかな漁港護岸などでコロッケサイズにまで成長します。

数釣りを楽しむことができるシーズンが夏から秋になりますので、エギングに入門される方には、数釣りが楽しめる秋のシーズンをおすすめしたいと思います。

冬場は、成長したアオリイカは、外洋に出て行くため、漁港などの陸っぱりからは狙いにくくなります。

春になると外洋で親に育ったアオリイカが産卵のために接岸します。大型のアオリイカを陸っぱりのエギングから狙うことができる魅力的なシーズンです。

秋にアオリイカのエギングを始め、エギングの魅力にはまってしまったルアーマンが数多く存在しています。かく言う私も秋のシーズンにエギングに入門してその魅力にはまってしまったルアーマンの一人になります。

アオリイカの特徴

【分布】本州以南
【地方名】バショウイカ、ミズイカ、モイカ、クツイカ
【全長】30〜50cm(70〜80cm 2kgにもなる大型のイカ
【特徴】夜行性
夕方から日の出までの夜釣りがベストな時間帯。もちろん昼間のエギングも釣れます
【釣りシーズン】春〜秋
特に夏〜秋がエギング初心者の入門に最適なシーズンです
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、ゴロタサーフ等

アオリイカ

アオリイカのシーズン

■アオリイカをエギングで狙えるおすすめのシーズンはいつ?

春から初夏かけては外洋で親に育ったアオリイカが産卵のため接岸します。大型のアオリイカが釣れる時期がこの春から初夏のシーズンになります。

地方により異なりますが、3月頃~6月頃に冬に沖で大きく成長したアオリイカを陸っぱりから狙うことができます。

この頃のアオリイカは、全長が70cm~80cm(2kg)にもなり、親イカに成長したアオリイカを陸っぱりから狙うエギンガーで賑わいます。

7月頃~8月頃にアマモやホンダワラに産卵された卵から生まれたアオリイカが、潮通しのよい堤防や護岸のある漁港、ゴロタサーフ、磯場などでコロッケサイズにまで成長します。

9月頃~11月頃が初心者にもおすすめのアオリイカの数釣りが楽しめる秋のベストシーズンになります。

■エギングシーズン早見表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

初心者におすすめしたい時期は、秋のシーズンです。夏に生まれた新子と呼ばれるコロッケサイズのアオリイカの数釣りを楽しむことができます。

潮通しのよい堤防や護岸のある漁港、ゴロタサーフ、磯場が主なポイントです。まずは、足場が良くて潮通しのよい堤防がある漁港からエギングを始めることをおすすめします。

アオリイカの仕掛け

■仕掛け、ロッドやリールはどんなのを揃えれば良い?今持っている道具は使えるの?
エギング人気にともなっていろいろなメーカーからエギング専用のタックルが沢山発売されています。

初期投資を抑えてエギングを始めてみたいと考えるならお手持ちのタックルをエギングに流用することをおすすめします。
シーバスフィッシング用のタックルがあれば、8〜9ftあると思いますので、エギングに流用することができると思います。

タックルの流用ができれば、 PEラインとエギを数本購入することでエギングを始めることができます。バスフィッシング用のタックルの流用を考える方もいると思いますが、バスロッドの場合、通常6〜7ft前後のため、長さが不足し、エギ(餌木)の取扱いが難しくなると思います。1万円前後のエギング用ロッドの購入をおすすめしたいと思います。

■使用するロッドの選び方と目安は?

8月の中旬頃から潮通しの良い漁港などで成長したアオリイカのエギングシーズンに突入します。

秋のエギングシーズンは、コロッケサイズのアオリイカの数釣りを楽しむ事ができます。

秋のコロッケサイズのアオリイカは、3号以下(2.5号が入門に最適)のエギを使用する機会が多くなります。3.5号までのエギに対応している8〜9ft前後の感度の良いロッドの購入をおすすめしたいと思います。

春の親イカシーズンは、沖で親イカに成長した中〜大型のキロサイズのアオリイカ狙いの釣りとなります。使うエギの大きさも3.5〜4号以上を使用する機会が多くなります。4号以上のエギを扱うことができる腰のあるロッドを用意できると安心です。

icon

■使用するリールの大きさ(番台)、ラインの太さ(号数)と目安は?

リールは、2000〜2500番台のスピニングリール(ドラグ性能が良いもの)を用意しましょう。エギング専用に設計されたリールならまず間違いありません。

ラインは、0.8〜1号のPEラインを150mほど巻いておけば、陸っぱりからのエギングに十分対応できます。

PEラインとエギの間には、リーダーとして1 〜2号のフロロカーボンラインを1〜1.5mほど結びます。このリーダーとエギ(餌木)は、直結するかスナップで接続します。

その他の装備として、昼間のエギングでは、水中の様子を確認できるようにしたいので、偏光サングラスを用意しましょう。春から初夏のシーズンは、大型のアオリイカを取り込むためのアオリイカ用ギャフを用意できると安心です。また、万一に備えライフジャケットを必ず着用して挑みましょう。

エギ(餌木)の選び方

icon

■タックルが決まったらエギングで使うエギ(餌木)を揃えよう!

冬に沖合いで親に成長したアオリイカが春~初夏にかけて産卵のために接岸します。良型のアオリイカを狙う春~初夏は、3.5号~4号のエギ(餌木)を選びましょう。

秋は、夏に生まれたコロッケサイズ(小~中型)のアオリイカの数釣りを楽しむため、2.5号~3号のエギ(餌木)を選ぶと良いと思います。

エギ(餌木)の色は、釣具店に行くといろいろな色のエギ(餌木)が売られています。どのメーカーの何色のエギを選んだら良いか迷ってしまいますが、実績の高いオレンジ、ピンク、ブルー、グリーン系の4色を揃えておくことをおすすめします。

エギは、同じ色でも下地のテープ色が重要と言われています。夜釣りなら赤テープが良いと言われていますが、オールマイティに使える金テープを選ぶと良いと思います。

最初からいろいろな色をそろえるより下地テープの色を意識しオレンジ、ピンク、ブルー、グリーン系の4色をローテーションしながら使い釣果実績を作ることが釣果アップのポイントと思います。

アオリイカのポイント

■一通りの装備をそろえたところで入門に最適な釣り場を探しましょう。

アオリイカの釣り場

アオリイカが釣れるポイントは、堤防や磯、サーフにあるゴロタサーフです。まずは、足場のしっかりした堤防からエギングを始めると良いと思います。

秋のシーズンは、エサとなるプランクトンが豊富な堤防にアオリイカがついていますので、狙い目のポイントです。

安定した釣果が望める場所も多く、偏向サングラスで水中を確認するとアオリイカの存在に気づくと思います。

春のエギングシーズンは、海藻が繁茂している場所がアオリイカの産卵場所になります。親に成長したキロサイズのアオリイカが釣れる可能性が高いポイントです。


アオリイカの釣れるポイントの探し方は、釣り場に着いたらまずは、堤防を歩いて墨跡を探してみてください。堤防に墨跡が付いた場所でアオリイカが釣れてた可能性があるポイントです。

墨跡が付いた場所からエギ(餌木)を投げてアオリイカを狙うと釣果に繋がりやすいと思います。

エギ(餌木)の操作

秋のシーズンのアオリイカ(新子)は、エギ(餌木)の早いアクションに興味を持ち果敢にアタックして来ます。
オーバーアクションかな?と感じるような早いエギ(餌木)の操作がアオリイカ(新子)を誘うエギ(餌木)の操作です。


具体的なエギ(餌木)の操作ですが、

エギ(餌木)を投げたのちエギ(餌木)をゆっくり沈めて底をとります。
そして縦方向へロッドを2回あおって(早くシャクる)。再度ラインにテンションをかけながらゆっくり沈めます。
そして底を取ったのちロッドを2回あおって(早くシャクる)。この操作を繰り返してアオリイカを誘います。アオリイカはエギをフォールして沈めているタイミングでエギに抱き付いて来ますので、シャクリを入れた後は必ずフォールさせましょう。

春のシーズンは、中・大型狙いの釣りになるため、エギ(餌木)の大きさは、3.5~4号を使います。親に成長したアオリイカは、ゆっくりととしたアクション(ずる引きなど)を取り入れ誘うと効果的です。秋に比べるとゆっくりとした釣りになります。

アオリイカが釣れるタイミングですが、エギ(餌木)がゆっくり沈むタイミングで釣れることが多いようです。グーと重くなった時がアオリイカがエギ(餌木)に抱きついた合図、重くなったと感じたらゆっくりとあわせます。エギ(餌木)の針には返しがありませんが、ラインを張って取り込む限り、まず外れることはありませんのであせらずアオリイカを取り込みましょう。

エギ(餌木)は、メーカーをちょくちょく変えるより、実績のあるメーカーのエギ(餌木)を1つ2つ選んで使い続けエギ(餌木)の特徴や操作感を覚えましょう。使い込んでエギ(餌木)の特徴や操作感を覚えてから他のメーカーのエギ(餌木)を使うとそれぞれのエギ(餌木)の良し悪しが良く分かるのでエギング上達のコツと思います。

エギ(餌木)おすすめのメーカー

エギ(餌木)のメーカーも海千山千ありますが、初心者におすすめしたいメーカーは「ヤマシタ YAMASITA」や「DUEL YO-ZURIのエギ(餌木)が初心者にも取り扱いやすく、また釣果実績もありますので、おすすめしたいメーカーです。

ヤマシタ YAMASITA」のエギ(餌木)が操作もしやすく、値段が手頃なため、私も良く使用させていただいているメーカーです。

エギングを始めるならこちらのページにエギングのに詳しいレビューや道具の説明もあるので、気に入ったタックルをナチュラムで揃えることもおすすめです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ エギングへ

Amazonプライムビデオのソルトルアーフィッシング動画をご紹介

この番組は、TVでも放送されていた動画です。ソルトルアーフィッシングの面白さを動画で体験できるおすすめの動画です。エギング、シーバス、アジング、ロックフィッシュなどの番組をピックアップしています。
動画を見るには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。詳細はAmazonホームページを確認してください。

ビギナー歓迎!秋のエギング。

この時期のイカは活性が高く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる最高の季節。今回の舞台は長崎県の五島福江島。福岡空港からわずか40分という場所に位置するこの島は、魚影が濃いことで有名。イメージよりもアクセスがよい離島だ。 そんな場所で秋イカを狙うのは、愛称「たまちゃん」でおなじみの野村珠弥と「みっぴ」こと秋丸美帆。果たして2人はどんな釣りを見せてくれるのか。 釣行初日。ポイントに到着して海を覗いて見ると早速イカの姿が。野村「見えイカ発見!」 すかさずキャストし、サイトフィッシング開始。エギの動きも、反応するイカの姿も全て丸見え!狙い通りエギを抱かせて大興奮!一方、秋丸もサイトフィッシングで狙うが…。秋丸「なんで抱かんの?」

Amazonプライムビデオを見る

能登のエギング

食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋。秋はものごとをはじめるにはピッタリの季節。そんなシーズンに紹介するのがアオリイカを狙うエギングだ。春から初夏にかけて産卵するアオリイカ。孵化した子どものアオリイカは、秋になると活発にエサを追い始める。これからの時期は数釣りが楽しめるベストシーズンだ。9月初旬、2人のアングラーが石川県の能登半島へやって来た。エギングのエキスパート・宮澤幸則と、石川在住で、能登半島をホームグラウンドとしているエギンガー、福島芳宏。 初日。まずは、磯場で竿を出す。この時期のアオリイカはまだ、手のひらサイズ。外敵から身を守る為、浅場の岩礁に潜んでいることが多い。宮澤は、近くの磯へキャスト。すると、すぐにヒット!「やっぱり浅場にたまってるね!」と宮澤。福島は海底の藻場を狙う。「オレがイカならあそこに隠れます!」狙い通りにヒットを連発させた!

Amazonプライムビデオを見る

対馬のエギング

エギングとは、日本の伝統ルアーの餌木(えぎ)を使いながら、アオリイカ、コウイカ、スルメイカなどのイカ類をねらうルアーゲーム。今回はそのエギングファンの間でカリスマと崇められる山田ヒロヒトが登場。長崎県対馬で春の大型アオリイカに挑む。 離島釣行の多い山田は「対馬は、数、型ともに狙えるエギングパラダイス」という。初日、やってきたのは越高(こしたか)の漁港。春の産卵期を迎えたアオリイカは、沖から接岸して海藻に卵を産みつける。周辺にアマモやホンダワラなど海藻の多いこの漁港は期待がもてる。
実釣開始からしばらくして、山田の竿が大きく曲がった。2キロオーバーの大型だ。いきなりのビッグヒットに山田は「この後が恐ろしい」と喜びとも不安ともつかない表情で応えた。その後、2ハイを立て続けに釣り上げ、好釣果で初日を終えた。

Amazonプライムビデオを見る

島根県のシーバスフィッシング

今回は、島根県中海のシーバスフィッシングをお届けする。中海は、宍道湖、日本海と繋がる汽水湖で、西日本屈指のシーバスポイントとして知られている。そんな1級フィールドで、ボートから、陸っぱりから大型シーバスを狙う。アングラーはシーバスの世界記録を持つエキスパート高橋慶朗。初日の朝、まずはボートに乗り込む。高橋が最初にセットしたルアーは、バイブレーションジグ。魚のいる層を広範囲に探るためだ。ルアーをキャストし、着底させ、ゆっくり巻き上げる。そうすることで底層、中層、表層とルアーを引くことが出来る。しかし、アタリはない。 そこへ、「最近は底付近で釣れてますよ」 と船長からアドバイス。高橋は早速、底付近を丁寧に探る。

Amazonプライムビデオを見る

愛媛県・宇和島のアジング

愛媛県・宇和島でアジングを楽しむ。アジングとはアジをルアーで釣ることで、近年爆発的なブームとなっている。 アングラーは、瀬戸内海を中心に活躍する後迫正憲と、房総半島を拠点にするルアーマン、渡邉長士の二人。 まずは、日中の堤防から竿を出す。アジングというと昼間はなかなか釣れず、夜が本番というイメージが強い。ところが宇和島では昼間でも型の良いアジが釣れると評判だ。アジングファンなら一度は訪れてみたい好フィールドだ。 明るいうちから次々と良型アジを釣り上げていく2人。ついには尺超え(30センチオーバー)まで飛び出した。 夜になると常夜灯まわりでのナイトゲームを楽しむ。今度は数釣りを堪能。 アジングのエキスパート2人が魅せるテクニック満載の30分!

Amazonプライムビデオを見る

冬のゴロタ場で根魚三昧

今回は冬のゴロタ場で根魚釣りを存分に堪能する。ゴロタ場とは無数の岩が積み重なって出来た場所。一日中釣りが楽しめる、釣り人にとっては魅惑の場所だ。楽しむのはソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海。ホームグラウンドの真鶴半島を縦横無尽に駆け巡る! 日中の明るい時間は、岩の隙間の奥深くに潜むムラソイを狙う。このポイントに30年以上は通っているという村越は、次々と岩の隙間からムラソイを引き抜いていく。しかもこれが良型揃い。ムラソイとは思えないほどの大きさに数も型も大満足の釣果となった。

Amazonプライムビデオを見る

狙うは40cm壱岐のアジング

長崎の離島、壱岐。この島は、30cmを超える尺アジはおろか、40cm以上のアジがショアから狙って釣れるという、夢のフィールドだ。 今回は、この40cmを超すデカアジを狙う! 釣り方は、今や大人気、ルアーでアジを狙うアジングだ。 アングラーは、千葉県在住、房総半島を拠点にするマルチルアーマン・渡邉長士と、番組初登場、大分県在住のライトゲームスペシャリスト・岩崎林太郎の2人。 壱岐に来るのは初めてだという2人は、竿を出しながら釣れそうなポイントを探っていく。夕方になると、早速アジが顔を見せた。そこからはコンスタントに釣れ続けるがサイズが上がらない。 あくまでも、今回の狙いはデカアジだ。 翌日、暗いうちから竿を出す2人。すると。

Amazonプライムビデオを見る

釣行記
スポンサーリンク
フォローする
ソルトルアー入門!海のルアーフィッシングの解説