アジング入門

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ エギングへ

アジング入門

■アジングってどんな釣りなの?

日本各地に生息しているアジをターゲットにしたルアーフィッシングをアジングと言います。港の防波堤などからほぼ1年中釣れるエリアもありますが、シーズンは、夏~秋がベストシーズンになります。

タックルや釣り方は、メバルのタックルをそのまま流用できますので、メバルのシーズンが終了する5月頃からアジをターゲットに切り替るアングラーも多いと思います。

漁港の防波堤などから20cm前後の中小型が中心になりますが、数釣りも楽しめる魅力的なターゲットです。

アジングは、30cmを超える大アジも狙える釣りのため、近年では、人気のあるルアーフィッシングの1つになっています。

アジの特徴

【分布】日本各地
【地方名】アジ、マアジ、キアジ、アカアジ、ヒラアジ、ホンアジ
【全長】20~40cm
【特徴】昼行性(沿岸の中・底層を群れで回遊している
【釣りシーズン】周年(春~初夏、秋がベストシーズン
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、ゴロタサーフ等

アジングの解説

■アジングを詳しく教えて?

日本の大衆魚であるアジをルアーで狙う釣りをアジングと呼んでいます。入門者におすすめのターゲットがこのアジです。

アジは、日本各地の漁港、堤防、護岸などで狙えるもっともポピュラーな魚で数釣りも楽しめる海のルアーフィッシングのターゲットとして人気があります。陸っぱりからでも時には30cmを超える大型が釣れることもあります。まずは、漁港など足場のしっかりしたポイントでアジをターゲットにした海のルアーフィッシングを始めてみましょう!

メバルのシーズンが終わる6月頃からシーズンが始まるアジングへ切り替えるアングラーは多いと思います。

ロッドは、メバル専用ロッドあるいは、ウルトラライト調のトラウトロッドが流用できると思います。リールは、1000~2000番台の小型スピンニングリールを用意しましょう。ラインは、小型の数釣りを楽しむなら2~3lbのフロロカーボンラインかナイロンラインが標準的なラインになります。

最近はアジング専用タックルも沢山販売されていますので、アジングから始める方は、アジング専用のタックルを揃えても良いと思います。

ルアーは、1インチのソフトルアー(グラブ系おすすめ)と1~2gのジグヘッドを合わせると良いと思います。グラブはテールが震えるものに反応が良いようです。メバル用のルアーをそのまま流用できますので、メバリングの道具をそのまま流用することで初期投資を抑えても良いと思います。

アジングのポイント

■おすすめのポイントは?

アジングポイントアジは、潮通しの良い堤防の先端や水深のある港がおすすめのポイントになります。このような場所に常夜灯があり、水面を常夜灯の明かりが照らすポイントがあれば、特におすすめしたいポイントです。

回遊性のアジは、このようなポイントを回遊していますので、夕マズメから夜にかけて潮が動く時が時合となり狙い目。

アジは、群れで回遊しています。釣れたレンジを集中してルアーを通すことで短時間に数釣りが楽しめます。ルアーをキャストしたらまずは、ルアーで底を取ります。メバルの時よりも早めにリトリーブするとアジの反応も良いようです。

アジは、口を使うのがあまり上手くないため、ショートバイト(喰いが浅くアタリはあるが魚が針掛かりしない状態)を感じたら少しルアーをフォールしてアジにルアーを食わせるタイミングを作ってあげるとフォールのタイミングでアジがバイトしやすくなります。ショートバイトが多いようであれば、ルアーのサイズを落としてアジに食わせやすくすると良いと思います。

アジの口は切れやすいため、フッキングは上あごに針を掛けることを意識して上側に軽く合わせると良いと思います。かかった後は、強引に取り込みすると口切れを起してせっかくかかったアジを逃がすことになりますので、ロッドにアジの重みを感じながら無理をせず取り込みましょう。

アジングの攻略

■ポイントに着いたら、アジを探るところから始めましょう。

大型のアジは、海の底の方にいますので、まずは、ルアーで底を取ってからリーリングを始めましょう。

ajingu-lure

アジは群れで回遊していますので、一匹釣れたら同じ場所を集中的にルアーを通すと数釣りを楽しめると思います。ルアーにスレるのも早いので、釣れなくなったらルアーの色をローテーションするとまた釣れだすことも多いようです。また、回遊性の魚のため、釣れなければ、ポイントを少しづつ変えながらアジが回遊しているポイントを探ると効果的です。

メバルや根魚がかかることが多いなら少しリーリングの速さを早めにしてあげると良いと思います。また、フォール中(ルアーを沈めている)にアジがバイトすることも多いので、フォール中も集中しましょう。表層、中層に浮いていることがありますので、広くレンジを探ることもアジを攻略する一歩です。

アジが釣れる漁港やポイントの探し方は、エサ釣りの実績がある漁港やポイントを新聞や雑誌などの記事で探すと良いと思います。アジは、昼間も釣れる魚ですが、昼間は、ファミリーがサビキ釣などをしていることも多いと思います。ルアーで周りの釣り人に迷惑を掛けないようにマナーを守るよう心がけましょう。

食べておいしい!釣って楽しい!ルアーでアジを釣ろう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
ソルトルアー入門!海のルアーフィッシングの解説