スポンサーリンク

アジング入門

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アジング入門

■アジングってどんな釣りなの?

日本各地に生息しているアジをターゲットにしたルアーフィッシングをアジングと言います。港の防波堤などからほぼ1年中釣れるエリアもありますが、シーズンは、夏~秋がベストシーズンになります。

■アジングシーズン早見表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

漁港の防波堤などから20cm前後の中小型が中心になりますが、数釣りも楽しめる魅力的なターゲットです。

アジングは、30cmを超える大アジも狙える釣りのため、近年では、人気のあるルアーフィッシングの1つになっています。

アジの特徴

【分布】日本各地
【地方名】アジ、マアジ、キアジ、アカアジ、ヒラアジ、ホンアジ
【全長】20~40cm
【特徴】昼行性(沿岸の中・底層を群れで回遊している
【釣りシーズン】周年(春~初夏、秋がベストシーズン
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、ゴロタサーフ等

アジングの解説

■アジングを詳しく教えて?

日本の大衆魚であるアジをルアーで狙う釣りをアジングと呼んでいます。入門者におすすめのターゲットがこのアジです。

アジは、日本各地の漁港、堤防、護岸などで狙えるもっともポピュラーな魚で数釣りも楽しめる海のルアーフィッシングのターゲットとして人気があります。陸っぱりからでも時には30cmを超える大型が釣れることもあります。まずは、漁港など足場のしっかりしたポイントでアジをターゲットにした海のルアーフィッシングを始めてみましょう!

アジングの仕掛け

■アジングの仕掛けはどんなものを揃えれば良い?

アジングの仕掛けは、メバルのタックルをそのまま流用できますので、メバルのシーズンが終わる6月頃からシーズンが始まるアジングへ切り替えるアングラーは多いと思います。

ロッドは、メバル用ロッドあるいは、ウルトラライト調のトラウトロッドが流用できると思います。最近はアジング専用タックルも沢山販売されていますので、アジングから始める方は、アジング専用のタックルを揃えても良いと思います。リールは、1000~2000番台の小型スピンニングリールを用意しましょう。ラインは、小型の数釣りを楽しむなら2~3lbのフロロカーボンラインかナイロンラインが標準的なラインになります。

ルアーは、1インチのソフトルアー(グラブ系おすすめ)と1~2gのジグヘッドを合わせると良いと思います。グラブはテールが震えるものに反応が良いようです。メバル用のルアーをそのまま流用できますので、メバリングの道具をそのまま流用することで初期投資を抑えても良いと思います。

■もっと詳しくルアーロッドの選び方を知りたい
ルアーロッドの選び方は、下記のページで詳しく解説しています。
ルアーロッドの選び方の詳細はこちらのページをご覧ください

アジングのポイント

■アジングのポイントは?

アジングポイントアジは、潮通しの良い堤防の先端や水深のある港がおすすめのポイントになります。このような場所に常夜灯があり、水面を常夜灯の明かりが照らすポイントがあれば、特におすすめしたいポイントです。

回遊性のアジは、このようなポイントを回遊していますので、夕マズメから夜にかけて潮が動く時が時合となり狙い目。

アジは、群れで回遊しています。釣れたレンジを集中してルアーを通すことで短時間に数釣りが楽しめます。ルアーをキャストしたらまずは、ルアーで底を取ります。メバルの時よりも早めにリトリーブするとアジの反応も良いようです。

アジは、口を使うのがあまり上手くないため、ショートバイト(喰いが浅くアタリはあるが魚が針掛かりしない状態)を感じたら少しルアーをフォールしてアジにルアーを食わせるタイミングを作ってあげるとフォールのタイミングでアジがバイトしやすくなります。ショートバイトが多いようであれば、ルアーのサイズを落としてアジに食わせやすくすると良いと思います。

アジの口は切れやすいため、フッキングは上あごに針を掛けることを意識して上側に軽く合わせると良いと思います。かかった後は、強引に取り込みすると口切れを起してせっかくかかったアジを逃がすことになりますので、ロッドにアジの重みを感じながら無理をせず取り込みましょう。

アジングの攻略

■ポイントに着いたら、アジを探るところから始めましょう。

大型のアジは、海の底の方にいますので、まずは、ルアーで底を取ってからリーリングを始めましょう。

ajingu-lure

アジは群れで回遊していますので、一匹釣れたら同じ場所を集中的にルアーを通すと数釣りを楽しめると思います。ルアーにスレるのも早いので、釣れなくなったらルアーの色をローテーションするとまた釣れだすことも多いようです。また、回遊性の魚のため、釣れなければ、ポイントを少しづつ変えながらアジが回遊しているポイントを探ると効果的です。

メバルや根魚がかかることが多いなら少しリーリングの速さを早めにしてあげると良いと思います。また、フォール中(ルアーを沈めている)にアジがバイトすることも多いので、フォール中も集中しましょう。表層、中層に浮いていることがありますので、広くレンジを探ることもアジを攻略する一歩です。

アジが釣れる漁港やポイントの探し方は、エサ釣りの実績がある漁港やポイントを新聞や雑誌などの記事で探すと良いと思います。アジは、昼間も釣れる魚ですが、昼間は、ファミリーがサビキ釣などをしていることも多いと思います。ルアーで周りの釣り人に迷惑を掛けないようにマナーを守るよう心がけましょう。


サーティーフォー家邊さんが教えるアジングの極意 初心者はもちろんレベルアップしたい方必見!ご本人自ら動画で解説します!

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオのソルトルアーフィッシング動画をご紹介

この番組は、TVでも放送されていた動画です。ソルトルアーフィッシングの面白さを動画で体験できるおすすめの動画です。エギング、シーバス、アジング、ロックフィッシュなどの番組をピックアップしています。
動画を見るには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。詳細はAmazonホームページを確認してください。

ビギナー歓迎!秋のエギング。

この時期のイカは活性が高く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる最高の季節。今回の舞台は長崎県の五島福江島。福岡空港からわずか40分という場所に位置するこの島は、魚影が濃いことで有名。イメージよりもアクセスがよい離島だ。 そんな場所で秋イカを狙うのは、愛称「たまちゃん」でおなじみの野村珠弥と「みっぴ」こと秋丸美帆。果たして2人はどんな釣りを見せてくれるのか。 釣行初日。ポイントに到着して海を覗いて見ると早速イカの姿が。野村「見えイカ発見!」 すかさずキャストし、サイトフィッシング開始。エギの動きも、反応するイカの姿も全て丸見え!狙い通りエギを抱かせて大興奮!一方、秋丸もサイトフィッシングで狙うが…。秋丸「なんで抱かんの?」

Amazonプライムビデオを見る

能登のエギング

食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋。秋はものごとをはじめるにはピッタリの季節。そんなシーズンに紹介するのがアオリイカを狙うエギングだ。春から初夏にかけて産卵するアオリイカ。孵化した子どものアオリイカは、秋になると活発にエサを追い始める。これからの時期は数釣りが楽しめるベストシーズンだ。9月初旬、2人のアングラーが石川県の能登半島へやって来た。エギングのエキスパート・宮澤幸則と、石川在住で、能登半島をホームグラウンドとしているエギンガー、福島芳宏。 初日。まずは、磯場で竿を出す。この時期のアオリイカはまだ、手のひらサイズ。外敵から身を守る為、浅場の岩礁に潜んでいることが多い。宮澤は、近くの磯へキャスト。すると、すぐにヒット!「やっぱり浅場にたまってるね!」と宮澤。福島は海底の藻場を狙う。「オレがイカならあそこに隠れます!」狙い通りにヒットを連発させた!

Amazonプライムビデオを見る

対馬のエギング

エギングとは、日本の伝統ルアーの餌木(えぎ)を使いながら、アオリイカ、コウイカ、スルメイカなどのイカ類をねらうルアーゲーム。今回はそのエギングファンの間でカリスマと崇められる山田ヒロヒトが登場。長崎県対馬で春の大型アオリイカに挑む。 離島釣行の多い山田は「対馬は、数、型ともに狙えるエギングパラダイス」という。初日、やってきたのは越高(こしたか)の漁港。春の産卵期を迎えたアオリイカは、沖から接岸して海藻に卵を産みつける。周辺にアマモやホンダワラなど海藻の多いこの漁港は期待がもてる。
実釣開始からしばらくして、山田の竿が大きく曲がった。2キロオーバーの大型だ。いきなりのビッグヒットに山田は「この後が恐ろしい」と喜びとも不安ともつかない表情で応えた。その後、2ハイを立て続けに釣り上げ、好釣果で初日を終えた。

Amazonプライムビデオを見る

島根県のシーバスフィッシング

今回は、島根県中海のシーバスフィッシングをお届けする。中海は、宍道湖、日本海と繋がる汽水湖で、西日本屈指のシーバスポイントとして知られている。そんな1級フィールドで、ボートから、陸っぱりから大型シーバスを狙う。アングラーはシーバスの世界記録を持つエキスパート高橋慶朗。初日の朝、まずはボートに乗り込む。高橋が最初にセットしたルアーは、バイブレーションジグ。魚のいる層を広範囲に探るためだ。ルアーをキャストし、着底させ、ゆっくり巻き上げる。そうすることで底層、中層、表層とルアーを引くことが出来る。しかし、アタリはない。 そこへ、「最近は底付近で釣れてますよ」 と船長からアドバイス。高橋は早速、底付近を丁寧に探る。

Amazonプライムビデオを見る

愛媛県・宇和島のアジング

愛媛県・宇和島でアジングを楽しむ。アジングとはアジをルアーで釣ることで、近年爆発的なブームとなっている。 アングラーは、瀬戸内海を中心に活躍する後迫正憲と、房総半島を拠点にするルアーマン、渡邉長士の二人。 まずは、日中の堤防から竿を出す。アジングというと昼間はなかなか釣れず、夜が本番というイメージが強い。ところが宇和島では昼間でも型の良いアジが釣れると評判だ。アジングファンなら一度は訪れてみたい好フィールドだ。 明るいうちから次々と良型アジを釣り上げていく2人。ついには尺超え(30センチオーバー)まで飛び出した。 夜になると常夜灯まわりでのナイトゲームを楽しむ。今度は数釣りを堪能。 アジングのエキスパート2人が魅せるテクニック満載の30分!

Amazonプライムビデオを見る

冬のゴロタ場で根魚三昧

今回は冬のゴロタ場で根魚釣りを存分に堪能する。ゴロタ場とは無数の岩が積み重なって出来た場所。一日中釣りが楽しめる、釣り人にとっては魅惑の場所だ。楽しむのはソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海。ホームグラウンドの真鶴半島を縦横無尽に駆け巡る! 日中の明るい時間は、岩の隙間の奥深くに潜むムラソイを狙う。このポイントに30年以上は通っているという村越は、次々と岩の隙間からムラソイを引き抜いていく。しかもこれが良型揃い。ムラソイとは思えないほどの大きさに数も型も大満足の釣果となった。

Amazonプライムビデオを見る

狙うは40cm壱岐のアジング

長崎の離島、壱岐。この島は、30cmを超える尺アジはおろか、40cm以上のアジがショアから狙って釣れるという、夢のフィールドだ。 今回は、この40cmを超すデカアジを狙う! 釣り方は、今や大人気、ルアーでアジを狙うアジングだ。 アングラーは、千葉県在住、房総半島を拠点にするマルチルアーマン・渡邉長士と、番組初登場、大分県在住のライトゲームスペシャリスト・岩崎林太郎の2人。 壱岐に来るのは初めてだという2人は、竿を出しながら釣れそうなポイントを探っていく。夕方になると、早速アジが顔を見せた。そこからはコンスタントに釣れ続けるがサイズが上がらない。 あくまでも、今回の狙いはデカアジだ。 翌日、暗いうちから竿を出す2人。すると。

Amazonプライムビデオを見る

海のルアーフィッシング解説