スポンサーリンク

海のルアー釣果アップの基礎知識。潮の干満を知ろう!

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

釣果アップのコツ。潮の干満を知ることで釣果アップにつながる。

月の引力によって、潮の満ち引きがあることは、ご存じの通りと思います。釣り場によっては、上げ潮の時が良いケースや干潮でないと釣りにならないポイントもあると思いますが、潮の干満とシーバスを例に釣果アップにつながるポイントを説明しますので、参考にしてください。

■上げ潮の時

上げ潮の時、沖から餌となるアジやイワシなどの小魚を求めてシーバスが接岸しますので、沖から接岸するシーバスを狙う絶好のチャンスとなります。大潮の日は、潮が大きく動くので特におすすめ。潮汐表・潮見表・タイドグラフで満潮となる時間帯を確認して、上げ七分の時間帯になる少し前から釣り場に入るようにすると良いと思います。

■引き潮の時

一般的に下げ三分が良いとされていますので下げ潮を例に説明させていただきます。下げ潮で潮が動く時、シーバスの活性が上がり、活発に餌を捕食するので時合(じあい)となる。

■干潮の時

潮が下げきると魚たちも潮に合わせて沖へ出ていくので、陸っぱりの釣りだと釣りが難しくなる。

シーバスを例に説明しましたが、潮の干満を知ることが海で釣りをする時の釣果アップのポイントになりますので、基礎知識として覚えておくと良いと思います。

潮時について、こちらの記事で詳しく説明しています。

海のルアー釣果アップの基礎知識。潮時を知ろう! を読む