カサゴやソイ、アコウなどの根魚は、海の底の方にいます。海の底をしっかりトレースしましょう!

根魚にとって、漁港は、幼魚期を過ごす場所でもあります。また、岩礁帯を利用して作られた根魚が過ごしやすい漁港も沢山ありますので、まずは、足場の良い漁港でカサゴやソイ、アコウなどのなど釣果実績のある漁港から根魚(ロックフィッシュ)を狙ったソルトルアーフィッシングを楽しみ、腕を磨きましょう。

日中は、障害物の隙間などに身を潜めています。夜になると障害物から離れて、餌を捕るように行動する夜行性の魚なので、夜に狙うのがおすすめ。メバルのように表層に浮いてくることは、まず、少ないと思いますので、基本は、障害物周辺など、海の底をソフトルアーでトレースする釣りになると思います。

海底に地形の変化がある場所は、ポイントになりますので、広範囲に探ることが釣果アップの秘訣です。

底をトレースする釣りになりますので、根掛も多くなります。

ハードルアーを使用するよりは、ソフトルアーで海底をズル引きすると良いと思います。

根掛が多いようならリフト&フォールを繰り返すボトムバンピングのロッド操作でソフトルアーを上に跳ね上げて、障害物を交わすようにソフトルアーを操作すると良いと思います。

釣り具店では、カサゴ用のルアーは、エビを模したルアーが売られていますので、エビなどを模したソフトルアーを使う方も多いと思いますが、カサゴなどの根魚は、ソフトルアー全般に反応が良い魚なので、時には、アジやメバルなどもかかることを期待して、メバルやアジ用のカリーテールワームやストレートワームなども併用して使用することで良いと思います。

私は、エビを模したルアーは、あまり使わないで、アジングやメバリングで使用しているワームを流用することが多いです。

海の底をソフトルアーでしっかりトレースする技術を身につけると、釣果アップにつながると思います。また、うまくなって来ると根にかかりそうなタイミングが分かるようになりますので、障害物に根掛りする寸前でルアーを上に跳ね上げる操作ができるようになると思います。

根掛りを恐れず練習しましょう。根魚を狙ったルアーフィッシングの詳しい解説は、こちらのページをご覧ください。

続きを読む