シーバスフィッシング入門

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ エギングへ

シーバスフィッシング入門

■シーバスフィッシングとは?

シーバス(スズキ)は、ほぼ全国の港やサーフ、河川の河口で楽しめるので、根強い人気のあるルアーフィッシングです。このシーバス(スズキ)を狙ったルアーフィッシングは、代表的なルアーフィッシングとして、初心者からベテランのアングラー達を魅了しています。

シーバスの和名は、スズキといいますがスズキは、出世魚として知られています。地方により異なるようですが、全長により「コッパ(10〜25cm未満) → セイゴ(25~35cm未満) → フッコ(35~60cm未満) → スズキ(60cm以上) → オオタロウ(100cm以上)」と呼ばれます。
(大きさは地方により異なるようですので、上記は参考値です)

関西では、フッコの事をハネとも言います。東海地方では成魚の事をマダカと呼ぶようです。成魚であるスズキの体長は、100cmを超えるものもいますので、その引き味は、他の海のルアーフィッシングのターゲットと比較にならない程、強烈な引き味を持っています。この引き味を経験してしまうと病みつきになること間違いないと思います。

ブラックバスなど淡水のルアーフィッシングを経験された方なら入門しやすいターゲットのひとつと思います。もちろん初心者(ビギナー)にも十分なチャンスがありますので、特におすすめしたい海のルアーフィッシングです。

シーバスの特徴

【分布】日本各地
【地方名】スズキ、セイゴ、フッコ、ハネ、マダカ
【全長】20〜60cm(100cmオーバーも狙うチャンスあり魅力的なターゲットです
【釣りシーズン】通年
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、サーフ等

■シーバスフィッシングで狙えるシーバスの種類

シーバスは、日本の沿岸部に広く生息しています。スズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキなどススキ目スズキ科に属する魚で出世魚としても知られています。ブラックバスに似たゲーム性の高さからシーバス(海のバス)と呼ばれています。

全長が60cmを超えるものを一般的にスズキと言っているようです。時には、100cmオーバーも狙え引き味は強烈!多くのアングラーを魅了しているターゲットです。通称「シーバスフィッシング」と呼ばれる人気のある海のルアーフィッシングです。

日本各地には、このシーバスの他にヒラスズキ、タイリクスズキが生息しています。いずれもシーバス(スズキ)の仲間ですが、それぞれに特徴があるため、そのままの名称で呼ばれています。シーバス(スズキ)と同じタックルで狙えるターゲットですので、覚えておくと良いと思います。

シーバスのポイントとシーズン

■シーバスが釣れるポイントを教えて!

シーバスのポイントシーバスは、日本の沿岸部に広く生息していますので、港湾部、河口、サーフ、磯などシーズンにより、ロケーションが異なることもありますが、沿岸部から狙えるルアーフィッシングのため、近場のおすすめポイントが釣り具屋さんで紹介されていたりします。港湾を例にねらい目のポイントを図に記載してみましたので参考にしてください。

■橋周りは絶好のポイント

潮通しの良い橋は、ベイトとなる小魚が着くので、回遊して来たシーバスがステイしています。橋の街灯の明かりがあたるポイントは一級ポイントです。

シーバスは、明るい場所から入ってくる小魚を狙って、明かりと暗がりの際に身を潜めています。明かりと暗がりの際をルアーを通すことでシーバスがヒットする可能性が高くなります。流れがある時は、ルアーが流されるので、上流に向かってルアーを投げ、リーリングするタイミングで明かりと暗がりの際をルアーが通るようにコントロールしましょう。また、橋げたに着く小魚を狙うシーバスもいます。橋げた周りも必ずチェックしましょう。

■工場などの排水口は一級ポイント
ベイトとなる小魚が集まる排水口もシーバスの一級ポイントです。排水口からの流れと外の海水がぶつかるポイントにシーバスがいますので、排水口の流れの中でなく、排水口からの流れと外の海水がぶつかるポイントをチェックしましょう。


■停泊している船や係留船付近もポイント
埠頭に停泊する船の影もポイントです。船にルアーを掛けて、漁師さんに迷惑をかけないよう注意してシーバスを狙いましょう。

■シーバスが釣れるシーズンはいつ?
シーバスのシーズンは、1年を通してルアーフィッシングを楽しめますが、エサとなるベイトのシーズンが重なる春と秋がベストシーズンになります。地域によりこの限りではありませんが、12月~1月頃に沖で産卵期を迎えるため、沿岸部の固体数は、少なくなり陸っぱりで狙いにくくなります。

2月頃になると沖で産卵を終えたシーバスが沿岸部へ戻ってくる季節になります。冬の河口や漁港は、シーバスのエサとなるベイトが少なく行動範囲は、限られたものになります。水温の高い場所に居つくシーバスを探しながらの釣りになると思います。この季節のシーバスは、少し難しい釣りになると思います。

春になると沿岸部の河口で稚アユやシラウオの遡上が見られ、エサとなるベイトが多くなるにつれて、シーバスの活動範囲も広がりシーバスフィッシングのベストシーズンを迎えます。

初夏を迎える頃になると沖合いから回遊性のアジなどが沿岸部に入ってきます。この小魚の群れを追って沖合いからシーバスの群れも入ってきます。アジの回遊がある漁港や堤防などからシーバスや青物を狙うアングラーを見かけるようになります。

表層回遊魚が沿岸に定着する秋になるとシーバスのベストシーズンが始まります。初冬頃までシーズンが続きますので、初心者の入門にもおすすめしたい季節です。

シーバスの仕掛け

■シーバスのタックルはどんなのがあるの?

シーバスのルアーフィッシングは、人気のあるソルトウォータールアーフィッシングのため、メーカーから発売されているタックルのバリエーションは豊富です。ルアーも様々なバリエーションがあるので、気に入ったタックルを選び出すことが、初心者にとって難しく感じるかもしれません。基本的なタックルとして、まずは、ロッド選びから紹介したいと思います。

エギングのタックル

ロッドは、8ft以上のシーバスロッドを用意できると良いと思います。リールは、中型(2500~3000番台)のスピニングリールにナイロンライン8~12lbを選びましょう。大物が掛かるルアーフィッシングなので、不安という方はもう2lbプラスしたラインを選択しても良いと思います。リーダーは、根ズレに強いフロロカーボンラインを1.5m(メインラインのポンドテスト1.5倍を目安)を結ぶと良いと思います。リーダーとルアーは、直結で問題ないと思います。ルアーは、個人の好みが分かれるところがあると思います。一概にこれが良いと言えませんが、釣り場近くの釣具屋でポイントにあった定番ルアーなどを参考にして揃えると良いと思います。

その他として、スペアのリーダー、大物を取り込むための玉網、昼間の釣りでは偏光サングラス、万一の備えとしてライフジャケットを着用して挑みましょう。


ソルトルアーフィッシングを始めるならナチュラムで便利アイテムを揃えよう!
釣果が上がる!便利アイテム大集合!

シーバス攻略とおすすめルアー

■シーバスフィッシングの季節毎の攻略方法、おすすめのルアーを知りたい

春のシーズン攻略法

産卵を終えたシーバスは、体力を回復するため、ベイトが豊富な漁港や河口へ集まります。ベイトは、川へ遡上する稚アユが代表的なベイトになります。特に川の河口が有望なポイントです。

ルアーは、稚アユを意識したプラグなどを使い攻略すると効果的な釣果が望めると思います。


春におすすめのルアーをご紹介します

Dibule(ディブル)55S パズデザイン

ディブルの最大の特徴は背鰭のようなオリジナル(レベルフィン)。ミノーシルエットでありながら水平姿勢のハイピッチショート。バイブレーションで魚を寄せて喰わせるNEWベイト。

ジャクソン(Jackson) にょろにょろ

バチ抜け対策ルアーとしては代名詞。デビュー以来、バチ抜けルアーとして結果を出し続けてきた「にょろにょろ」。その不思議な生命感と唯一無二のポテンシャルは、バス、トラウト、メバルなどジャンルの垣根を越えて活躍の場を広げている。

ジャクソン(Jackson) にょろにょろをナチュラムで見る


夏のシーズン攻略法

水温上昇に伴い、水中酸素が減少することで釣りにくくなるシーズン。シーバスの釣れるポイントは、限られてきますが、過しやすいポイントにシーバスが集まる傾向があります。シーバスの溜まり場を探し出すことで数釣りが狙えるシーズンでもあると思いますので、ラン&ガン(ターゲットを狙うために次々と釣り場を攻めていく)で有望なポイントを見つけ攻略しましょう♪


夏におすすめのルアーをご紹介します

メジャークラフト ジグパラ

キング・オブ・スタンダードジグ。その日の第1投目から最後の1投まで100%の信頼感でキャストできるド定番ジグ。

オモクル ドメスティー 邪道

ジギングレンジでバイトを誘発!!ブレード系新発想。今まで、ブレード系ルアーが使えなかった「ジギングレンジ」でも、ストレスのない使用が可能になりました。ターゲットは青物・カサゴ・ソイ・ハタ類・ヒラメ・タイ・コチなど幅広いターゲットに対応します。


秋のシーズン攻略法

シーバスのベストシーズンである秋は、大型のシーバスが狙える時期です。メーターオーバの実績も数多くあり釣りやすい時期になります。捕食しているベイト(サヨリ、イワシ、落ちアユなど)の行動パターンを考えたルアーを選ぶと良い釣果に繋がると思います。


秋におすすめのルアーをご紹介します

Rapala(ラパラ) BMC(ビーエムシー) 100F

リップを持たないペンシルでありながらリトリーブすればミノーのようにスイミングさせることも可能。トゥイッチやジャークでトップウォーター的に使うも良し、シャローエリアをナチュラルにスイミングさせるも良し、使い手のテクニック次第でどんな演出もこなしてしまうスーパーベイト。6月鮎解禁から秋の落ち鮎シーズンまで。

バスデイ RANGE VIB(レンジバイブ)

難しい操作もいらず、スティディリトリーブ(ただひたすら巻くこと)でシーバスから青物まで独自の動きで魅了する、港湾・河口・サーフの定番ルアー。独創のナイフエッジ構造による生命感豊かなヒラヒラバイブレーション。軽快な操作性と抜群の飛距離。バイブの常識を覆すユーテリティルアーです。

シーバスフィッシングを始めるならこちらのページに詳しいレビューや道具の説明もあるので、気に入ったタックルをナチュラムで揃えることもおすすめです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム