シーバスフィッシング入門

シーバスフィッシング入門

■シーバスフィッシングとは?

シーバス(スズキ)は、ほぼ全国の港やサーフ、河川の河口で楽しめるので、根強い人気のあるルアーフィッシングです。このシーバス(スズキ)を狙ったルアーフィッシングは、代表的なルアーフィッシングとして、初心者からベテランのアングラー達を魅了しています。

シーバスの和名は、スズキといいますがスズキは、出世魚として知られています。地方により異なるようですが、全長により「コッパ(10〜25cm未満) → セイゴ(25~35cm未満) → フッコ(35~60cm未満) → スズキ(60cm以上) → オオタロウ(100cm以上)」と呼ばれます。
(大きさは地方により異なるようですので、上記は参考値です)

関西では、フッコの事をハネとも言います。東海地方では成魚の事をマダカと呼ぶようです。成魚であるスズキの体長は、100cmを超えるものもいますので、その引き味は、他の海のルアーフィッシングのターゲットと比較にならない程、強烈な引き味を持っています。この引き味を経験してしまうと病みつきになること間違いないと思います。

ブラックバスなど淡水のルアーフィッシングを経験された方なら入門しやすいターゲットのひとつと思います。もちろん初心者(ビギナー)にも十分なチャンスがありますので、特におすすめしたい海のルアーフィッシングです。

シーバスの特徴

【分布】日本各地
【地方名】スズキ、セイゴ、フッコ、ハネ、マダカ
【全長】20〜60cm(100cmオーバーも狙うチャンスあり魅力的なターゲットです
【釣りシーズン】通年
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、サーフ等

■シーバスフィッシングで狙えるシーバスの種類

シーバスは、日本の沿岸部に広く生息しています。スズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキなどススキ目スズキ科に属する魚で出世魚としても知られています。ブラックバスに似たゲーム性の高さからシーバス(海のバス)と呼ばれています。

全長が60cmを超えるものを一般的にスズキと言っているようです。時には、100cmオーバーも狙え引き味は強烈!多くのアングラーを魅了しているターゲットです。通称「シーバスフィッシング」と呼ばれる人気のある海のルアーフィッシングです。

日本各地には、このシーバスの他にヒラスズキ、タイリクスズキが生息しています。いずれもシーバス(スズキ)の仲間ですが、それぞれに特徴があるため、そのままの名称で呼ばれています。シーバス(スズキ)と同じタックルで狙えるターゲットですので、覚えておくと良いと思います。

シーバスのポイントとシーズン

■シーバスが釣れるポイントを教えて!

シーバスのポイントシーバスは、日本の沿岸部に広く生息していますので、港湾部、河口、サーフ、磯などシーズンにより、ロケーションが異なることもありますが、沿岸部から狙えるルアーフィッシングのため、近場のおすすめポイントが釣り具屋さんで紹介されていたりします。港湾を例にねらい目のポイントを図に記載してみましたので参考にしてください。

■橋周りは絶好のポイント

潮通しの良い橋は、ベイトとなる小魚が着くので、回遊して来たシーバスがステイしています。橋の街灯の明かりがあたるポイントは一級ポイントです。

シーバスは、明るい場所から入ってくる小魚を狙って、明かりと暗がりの際に身を潜めています。明かりと暗がりの際をルアーを通すことでシーバスがヒットする可能性が高くなります。流れがある時は、ルアーが流されるので、上流に向かってルアーを投げ、リーリングするタイミングで明かりと暗がりの際をルアーが通るようにコントロールしましょう。また、橋げたに着く小魚を狙うシーバスもいます。橋げた周りも必ずチェックしましょう。

■工場などの排水口は一級ポイント
ベイトとなる小魚が集まる排水口もシーバスの一級ポイントです。排水口からの流れと外の海水がぶつかるポイントにシーバスがいますので、排水口の流れの中でなく、排水口からの流れと外の海水がぶつかるポイントをチェックしましょう。


■停泊している船や係留船付近もポイント
埠頭に停泊する船の影もポイントです。船にルアーを掛けて、漁師さんに迷惑をかけないよう注意してシーバスを狙いましょう。

■シーバスが釣れるシーズンはいつ?
シーバスのシーズンは、1年を通してルアーフィッシングを楽しめますが、エサとなるベイトのシーズンが重なる春と秋がベストシーズンになります。

■シーバスフィッシングシーズン早見表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
シーバス(スズキ)

地域によりこの限りではありませんが、12月~1月頃に沖で産卵期を迎えるため、沿岸部の固体数は、少なくなり陸っぱりで狙いにくくなります。

2月頃になると沖で産卵を終えたシーバスが沿岸部へ戻ってくる季節になります。冬の河口や漁港は、シーバスのエサとなるベイトが少なく行動範囲は、限られたものになります。水温の高い場所に居つくシーバスを探しながらの釣りになると思います。この季節のシーバスは、少し難しい釣りになると思います。

春になると沿岸部の河口で稚アユやシラウオの遡上が見られ、エサとなるベイトが多くなるにつれて、シーバスの活動範囲も広がりシーバスフィッシングのベストシーズンを迎えます。

初夏を迎える頃になると沖合いから回遊性のアジなどが沿岸部に入ってきます。この小魚の群れを追って沖合いからシーバスの群れも入ってきます。アジの回遊がある漁港や堤防などからシーバスや青物を狙うアングラーを見かけるようになります。

表層回遊魚が沿岸に定着する秋になるとシーバスのベストシーズンが始まります。初冬頃までシーズンが続きますので、初心者の入門にもおすすめしたい季節です。

シーバスの仕掛け

■シーバスのタックルはどんなのがあるの?

シーバスのルアーフィッシングは、人気のあるソルトウォータールアーフィッシングのため、メーカーから発売されているタックルのバリエーションは豊富です。ルアーも様々なバリエーションがあるので、気に入ったタックルを選び出すことが、初心者にとって難しく感じるかもしれません。基本的なタックルとして、まずは、ロッド選びから紹介したいと思います。

ロッドは、8ft以上のシーバスロッドを用意できると良いと思います。リールは、中型(2500~3000番台)のスピニングリールにナイロンライン8~12lbを選びましょう。大物が掛かるルアーフィッシングなので、不安という方はもう2lbプラスしたラインを選択しても良いと思います。リーダーは、根ズレに強いフロロカーボンラインを1.5m(メインラインのポンドテスト1.5倍を目安)を結ぶと良いと思います。リーダーとルアーは、直結で問題ないと思います。ルアーは、個人の好みが分かれるところがあると思います。一概にこれが良いと言えませんが、釣り場近くの釣具屋でポイントにあった定番ルアーなどを参考にして揃えると良いと思います。

その他として、スペアのリーダー、大物を取り込むための玉網、昼間の釣りでは偏光サングラス、万一の備えとしてライフジャケットを着用して挑みましょう。


ソルトルアーフィッシングを始めるならナチュラムで便利アイテムを揃えよう!
釣果が上がる!便利アイテム大集合!

シーバス攻略とおすすめルアー

■シーバスフィッシングの季節毎の攻略方法、おすすめのルアーを知りたい

春のシーズン攻略法

産卵を終えたシーバスは、体力を回復するため、ベイトが豊富な漁港や河口へ集まります。ベイトは、川へ遡上する稚アユが代表的なベイトになります。特に川の河口が有望なポイントです。

ルアーは、稚アユを意識したプラグなどを使い攻略すると効果的な釣果が望めると思います。


春におすすめのルアーをご紹介します

■Dibule(ディブル)55S パズデザイン
ディブルの最大の特徴は背鰭のようなレベルフィン搭載。水平姿勢を保ちながら。特有のバイブレーションで魚を寄せて喰わせる。

■ジャクソン(Jackson) にょろにょろ
バチ抜け対策ルアーとしては代名詞。デビュー以来、バチ抜けルアーとして結果を出し続けてきた「にょろにょろ」。その不思議な生命感と唯一無二のポテンシャルは、バス、トラウト、メバルなどジャンルの垣根を越えて活躍の場を広げている。


夏のシーズン攻略法

水温上昇に伴い、水中酸素が減少することで釣りにくくなるシーズン。シーバスの釣れるポイントは、限られてきますが、過しやすいポイントにシーバスが集まる傾向があります。シーバスの溜まり場を探し出すことで数釣りが狙えるシーズンでもあると思いますので、ラン&ガン(ターゲットを狙うために次々と釣り場を攻めていく)で有望なポイントを見つけ攻略しましょう♪


夏におすすめのルアーをご紹介します

■メジャークラフト ジグパラ
ショアジギングに本気のメジャークラフトの結論。その日の第1投目から最後の1投まで100%の信頼感でキャストできるド定番ジグの決定版!

■オモクル ドメスティー 邪道
今まで、ブレード系ルアーが使えなかった「ジギングレンジ」でも、ストレスのない使用が可能になりました。バレーヒル・タングステン・パンチングシンカー2ozもしくは3ozを上部に装着することで、ボディウェイトを増やすことができ、30〜80mのディープレンジにいるターゲットをイージーに狙えます。また、太陽光の届きにくい薄光層エリアでのアピール力を高める機能として、ケイムラ使用はもちろんのこと、リアにはケミホタル25を差し込み装着できるインサートホールを装着しています。沈黙の薄光エリアで、ケミホタルの発光を乱反射して強烈な光を放つ「強制ブレードフラッシュ」は、魚の食性を刺激し、バイトを連続誘発します。ウエイト調整は、姿勢を安定させるためタングステンシンカーの使用をおすすめします。もちろん鉛シンカーを代用することも可能です。ターゲットは青物・カサゴ・ソイ・ハタ類・ヒラメ・タイ・コチなど幅広いターゲットに対応します。


秋のシーズン攻略法

シーバスのベストシーズンである秋は、大型のシーバスが狙える時期です。メーターオーバの実績も数多くあり釣りやすい時期になります。捕食しているベイト(サヨリ、イワシ、落ちアユなど)の行動パターンを考えたルアーを選ぶと良い釣果に繋がると思います。


秋におすすめのルアーをご紹介します

■Rapala(ラパラ) BMC(ビーエムシー) 100F
リップを持たないペンシルでありながらリトリーブすればミノーのようにスイミングさせることも可能。トゥイッチやジャークでトップウォーター的に使うも良し、シャローエリアをナチュラルにスイミングさせるも良し、使い手のテクニック次第でどんな演出もこなしてしまうスーパーベイト。6月鮎解禁から秋の落ち鮎シーズンまで。

■バスデイ RANGE VIB(レンジバイブ)
難しい操作もいらず、スティディリトリーブ(ただひたすら巻くこと)でシーバスから青物まで独自の動きで魅了する、港湾・河口・サーフの定番ルアー。ソルト専用バイブとして知らぬ人のいないベストセラー。稀有の実釣性能と実績、飛距離、ただ巻きでも誘っても釣れる操作性、サイズ・カラーの多彩なバリエーションなど、総合力では他の追随を許しません。生命感すら感じるナチュラルバイブレーションは、あらゆる魚種を魅了します。

シーバスフィッシングを始めるならこちらのページに詳しいレビューや道具の説明もあるので、気に入ったタックルをナチュラムで揃えることもおすすめです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ エギングへ

Amazonプライムビデオのソルトルアーフィッシング動画をご紹介

この番組は、TVでも放送されていた動画です。ソルトルアーフィッシングの面白さを動画で体験できるおすすめの動画です。エギング、シーバス、アジング、ロックフィッシュなどの番組をピックアップしています。
動画を見るには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。詳細はAmazonホームページを確認してください。

ビギナー歓迎!秋のエギング。

この時期のイカは活性が高く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる最高の季節。今回の舞台は長崎県の五島福江島。福岡空港からわずか40分という場所に位置するこの島は、魚影が濃いことで有名。イメージよりもアクセスがよい離島だ。 そんな場所で秋イカを狙うのは、愛称「たまちゃん」でおなじみの野村珠弥と「みっぴ」こと秋丸美帆。果たして2人はどんな釣りを見せてくれるのか。 釣行初日。ポイントに到着して海を覗いて見ると早速イカの姿が。野村「見えイカ発見!」 すかさずキャストし、サイトフィッシング開始。エギの動きも、反応するイカの姿も全て丸見え!狙い通りエギを抱かせて大興奮!一方、秋丸もサイトフィッシングで狙うが…。秋丸「なんで抱かんの?」

Amazonプライムビデオを見る

能登のエギング

食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋。秋はものごとをはじめるにはピッタリの季節。そんなシーズンに紹介するのがアオリイカを狙うエギングだ。春から初夏にかけて産卵するアオリイカ。孵化した子どものアオリイカは、秋になると活発にエサを追い始める。これからの時期は数釣りが楽しめるベストシーズンだ。9月初旬、2人のアングラーが石川県の能登半島へやって来た。エギングのエキスパート・宮澤幸則と、石川在住で、能登半島をホームグラウンドとしているエギンガー、福島芳宏。 初日。まずは、磯場で竿を出す。この時期のアオリイカはまだ、手のひらサイズ。外敵から身を守る為、浅場の岩礁に潜んでいることが多い。宮澤は、近くの磯へキャスト。すると、すぐにヒット!「やっぱり浅場にたまってるね!」と宮澤。福島は海底の藻場を狙う。「オレがイカならあそこに隠れます!」狙い通りにヒットを連発させた!

Amazonプライムビデオを見る

対馬のエギング

エギングとは、日本の伝統ルアーの餌木(えぎ)を使いながら、アオリイカ、コウイカ、スルメイカなどのイカ類をねらうルアーゲーム。今回はそのエギングファンの間でカリスマと崇められる山田ヒロヒトが登場。長崎県対馬で春の大型アオリイカに挑む。 離島釣行の多い山田は「対馬は、数、型ともに狙えるエギングパラダイス」という。初日、やってきたのは越高(こしたか)の漁港。春の産卵期を迎えたアオリイカは、沖から接岸して海藻に卵を産みつける。周辺にアマモやホンダワラなど海藻の多いこの漁港は期待がもてる。
実釣開始からしばらくして、山田の竿が大きく曲がった。2キロオーバーの大型だ。いきなりのビッグヒットに山田は「この後が恐ろしい」と喜びとも不安ともつかない表情で応えた。その後、2ハイを立て続けに釣り上げ、好釣果で初日を終えた。

Amazonプライムビデオを見る

島根県のシーバスフィッシング

今回は、島根県中海のシーバスフィッシングをお届けする。中海は、宍道湖、日本海と繋がる汽水湖で、西日本屈指のシーバスポイントとして知られている。そんな1級フィールドで、ボートから、陸っぱりから大型シーバスを狙う。アングラーはシーバスの世界記録を持つエキスパート高橋慶朗。初日の朝、まずはボートに乗り込む。高橋が最初にセットしたルアーは、バイブレーションジグ。魚のいる層を広範囲に探るためだ。ルアーをキャストし、着底させ、ゆっくり巻き上げる。そうすることで底層、中層、表層とルアーを引くことが出来る。しかし、アタリはない。 そこへ、「最近は底付近で釣れてますよ」 と船長からアドバイス。高橋は早速、底付近を丁寧に探る。

Amazonプライムビデオを見る

愛媛県・宇和島のアジング

愛媛県・宇和島でアジングを楽しむ。アジングとはアジをルアーで釣ることで、近年爆発的なブームとなっている。 アングラーは、瀬戸内海を中心に活躍する後迫正憲と、房総半島を拠点にするルアーマン、渡邉長士の二人。 まずは、日中の堤防から竿を出す。アジングというと昼間はなかなか釣れず、夜が本番というイメージが強い。ところが宇和島では昼間でも型の良いアジが釣れると評判だ。アジングファンなら一度は訪れてみたい好フィールドだ。 明るいうちから次々と良型アジを釣り上げていく2人。ついには尺超え(30センチオーバー)まで飛び出した。 夜になると常夜灯まわりでのナイトゲームを楽しむ。今度は数釣りを堪能。 アジングのエキスパート2人が魅せるテクニック満載の30分!

Amazonプライムビデオを見る

冬のゴロタ場で根魚三昧

今回は冬のゴロタ場で根魚釣りを存分に堪能する。ゴロタ場とは無数の岩が積み重なって出来た場所。一日中釣りが楽しめる、釣り人にとっては魅惑の場所だ。楽しむのはソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海。ホームグラウンドの真鶴半島を縦横無尽に駆け巡る! 日中の明るい時間は、岩の隙間の奥深くに潜むムラソイを狙う。このポイントに30年以上は通っているという村越は、次々と岩の隙間からムラソイを引き抜いていく。しかもこれが良型揃い。ムラソイとは思えないほどの大きさに数も型も大満足の釣果となった。

Amazonプライムビデオを見る

狙うは40cm壱岐のアジング

長崎の離島、壱岐。この島は、30cmを超える尺アジはおろか、40cm以上のアジがショアから狙って釣れるという、夢のフィールドだ。 今回は、この40cmを超すデカアジを狙う! 釣り方は、今や大人気、ルアーでアジを狙うアジングだ。 アングラーは、千葉県在住、房総半島を拠点にするマルチルアーマン・渡邉長士と、番組初登場、大分県在住のライトゲームスペシャリスト・岩崎林太郎の2人。 壱岐に来るのは初めてだという2人は、竿を出しながら釣れそうなポイントを探っていく。夕方になると、早速アジが顔を見せた。そこからはコンスタントに釣れ続けるがサイズが上がらない。 あくまでも、今回の狙いはデカアジだ。 翌日、暗いうちから竿を出す2人。すると。

Amazonプライムビデオを見る

釣行記
スポンサーリンク
フォローする
ソルトルアー入門!海のルアーフィッシングの解説