メバリング入門

メバリング入門

■メバリングとは?ロックフィッシュってどんな魚?

メバルをターゲットにしたルアーフィッシングの事をメバリングと呼んでいます。

メバル、カサゴなどの根魚(ロックフィッシュ)をターゲットにしたルアーフィッシングは、淡水用のタックル流用ができるので、初期投資額も少なく始められます。ソルトルアーフィッシングをこれから始めたい、経験したいと考えている初心者の入門に最適なルアーフィッシングです。

■どんな魚が釣れるの?

根魚(ロックフィッシュ)と呼ばれるメバル、カサゴ、ソイ、アイナメなどの根魚は、ほぼ全国の沿岸に分布しており、漁港や堤防、磯、ゴロタサーフなどの陸っぱりから狙えるターゲットです。

魅力は、小さな体に似合わずロッドに伝わる引き味の強さや、群れでいることが多いので、数釣りを楽しめること、子供から大人まで初心者も簡単に楽めるところにあると思います。

また、メバルやカサゴなどの根魚は、食べて美味しい魚のため、釣りを終えた後に食すことも楽しみのひとつです。

まずは、根魚(ロックフィッシュ)をターゲットにしたソルトルアーフィッシングから始めて見ることをおすすめしたいと思います。

メバルの特徴

【分布】北海道中部以南
【地方名】クロメバル、メバリ、メマル、メバチ、メチハ(春告魚とも呼ばれている
【全長】20~30cm
【特徴】夜行性(夕方から日の出までの夜釣りがベストな時間帯
【釣りシーズン】晩秋春
【釣り場】 堤防、護岸、磯場、ゴロタサーフ等

メバリングのシーズン

■メバリングのシーズン

目が大きく、目を張るような印象がメバルの名前の由来と言われています。春告魚と呼ばれ、釣りシーズンは、一般的に晩秋から春と言われ型狙いも数釣りも楽しめるシーズンです。

■メバリングシーズン早見表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

このメバルをターゲットにしたルアーフィッシングをメバリングと言っています。平均して15cm~20cmのメバルの数釣りを楽しむ事ができます。稀に30cmを超える大物が釣れることがあり強烈な引き味でアングラーを魅了しています。

メバリングの釣れる時間帯

■メバリングの釣れる時間帯

メバルは、根魚に数えられる魚ですが、夜行性が強く、夕まずめから日の出までが狙う時間帯です。常夜灯の下は、夜中メバルの活性が高く数釣りを楽しむことができると思います。

「メバル凪」という言葉があるように凪の日(波の無い穏やかな海の日)は、メバルは表層で活発的にベイトを捕食します。「メバル凪」の日は、メバルの数釣りが期待できます。海が荒れる日は、テトラなどに非難してしまうため釣ることが難しくなるでしょう。

入門に最適なソルトルアーフィッシングのターゲットがメバルです。まずは、漁港など足場のしっかりしたポイントでメバルをターゲットにしたメバリングを始めてみましょう!

メバリングの仕掛け

■仕掛け、ロッドやリールはどんなのを揃えれば良い?今持っている道具は使えるの?

ロッドは、メバル専用ロッドあるいは、ウルトラライト調のトラウトロッドが流用できると思います。リールは、1000~2000番台の小型スピンニングリールを用意しましょう。ラインは、小型の数釣りを楽しむなら2~3lbのフロロカーボンラインかナイロンラインが標準的なラインになります。

30cmを超えるデカメバルを狙うなら強烈な引きにも耐えられるデカメバル専用タックルを用意したい。シーバスが狙えるような腰のあるロッドを使います。リールは、ロッドとのバランスを考えて2000~2500番台をチョイス。

ラインは、デカメバルの強烈な引きに耐えられる4lbのフロロカーボンラインやメバル専用のPEラインを使うことをおすすめしたいと思います。

メバルは、夜行性が強く、夜釣りが主流になりますので、ヘッドライトは、必需品。足元もしっかりしたスパイクブーツが必要になる場所での釣りになる機会も多いと思います。冬場の夜は、冷えますので防寒対策をしっかりして挑む必要があります。また、夜釣りは危険との隣り合わせ、万一の時に備えてライフジャケットは必ず着用して下さい。

■もっと詳しくルアーロッドの選び方を知りたい
ルアーロッドの選び方は、下記のページで詳しく解説しています。
ルアーロッドの選び方の詳細はこちらのページをご覧ください

■メバリングに使用するワームの種類と狙うメバルのサイズを教えて!

メバリングは、ソフトルアーとジグヘッドを組み合わせた仕掛けを皆さん良く使われていると思います。

メバリングのワームローテーション

■メバリングの効果的なワームローテションを知りたい!

この限りではありませんが、その日の釣れるメバルのサイズによって、ワームの使い分けやローテーションを考え、組み合わせて行くことでよりゲーム性の高いメバリングが楽しめると思います。メバリングに使用するワームの種類と狙うメバルのサイズを以下に書き出してみました!

■メバルの数釣りを楽しみたい時

ストレートテールワームの1.5インチをチョイスしましょう。
20cm以下のサイズの数釣りが楽しめると思います。
釣れてくるサイズに20cm以上が混ざる時は、サイズアップを狙うチャンスです。
ストレートテールワームの2.0インチをチョイスすると良いと思います。

小型メバル

■中大型(20cm以上)のメバルが釣れるサイズに混ざる時

シャッドテールワームをチョイスしましょう。
より大きなメバルが狙えると思います。効果が薄い時もあるので、
その日の状況でストレートテールワームとローテーションするとよいと思います。

中大型メバル

■大型メバル(25cm以上)や尺メバル(30cm以上)を狙う時

カーリーテールワームをチョイスしましょう。
ひらひらと動くカーリーテールが大型メバルの活性を高める効果があると思います。
数釣りを満喫した後は、ビッグワンを狙う釣りへ変更することもよりメバリングの
ゲーム性を高めるため、楽しめます。

メバリングのポイント

■メバルの行動を解説

▶昼間と夜のメバリングのポイント
▶メバルの行動(昼間)
▶メバルの行動(夜間)

昼間と夜のメバリングのポイント

この限りではないと思いますが、メバルの行動から昼間と夜のメバリングのポイントを書き出してみたいと思います。

メバルの行動

▶「メバルの行動」にもどる

メバルの行動(昼間)

警戒心の強いメバルは、消波ブロックや石積み護岸等の障害物の影や隙間に昼間は潜んでいます。ルアーでメバル狙う際は、これらの障害物の隙間や影のポイントを狙うと効果的です。

大型のメバルほど、警戒心が強くなりますので、メバル用カブラやジグなどのルアーを使いメバルが潜むポイントをランガンしてメバルを探る釣りが釣果を伸ばすコツと思います。また、ルアーのアクションは、ワームなどのゆっくりとした動きは、警戒心が強いメバルは、ルアーにスレることも早く思うように釣れないことが多いようです。

障害物の影などの足元のポイントへアイスジグを落とし込み、メバルの目の前で早いルアーアクションで誘いをかけ思わず食わせるルアー釣りにメバルの釣果実績が多いようです。

▶「メバルの行動」にもどる

【 Jigging RAP(ジギングラップ) 】 の使い方についてはリンク先の動画にてご確認ください!




Jigging RAP(ジギングラップ)をナチュラムで見る

日中の時間帯のメバリングは、初心者には、難しい釣りになると思います。まずは、メバルの行動が活発になる夕マズメや朝マズメのタイミングを狙うと良い釣果につながると思います。

▶「メバルの行動」にもどる

メバルの行動(夜間)

夜になると夜行性のメバルは、消波ブロックの影や隙間から出て積極的にベイトなどの小魚を広範囲で捕食するようになります。

暗くなるにつれて、中層から表層へメバルが浮いて来ます。ポイントに着いたらまずは、表層からルアーを通して、徐々に中層~底へルアーを通すレンジを変えながらメバルを探ると効果的です。同じレンジにメバルが溜まっていることも多いので、メバルが釣れたレンジを覚えておき、同じレンジにルアーを通すことで、短時間にメバルの数釣りとなるパターンも珍しくありません。

常夜灯の明るい場所を好んで集まりますが、薄暗い明かりでもメバルはベイトを認識できるため、常夜灯がない月明かりがさす場所もメバルのポイントになります。しかし、暗い場所での夜釣りは危険です。常夜灯のある足元のしっかりとした漁港などのポイントが釣りやすく安全です。特に初心者は、無理せず、明るい場所でメバルを狙いましょう。

▶「メバルの行動」にもどる

釣って楽しい!食べて美味しい!ライトタックルで狙うロックフィッシュ!

カサゴのルアー入門

■メバル以外のロックフィッシュでおすすめの魚を教えて!

カサゴなどの根魚(ロックフィッシュ)をターゲットにしたソルトルアーフィッシングは、ブラックバスや管理釣り場でイワナやトラウトのルアーフィッシングを経験したことがある方へおすすめしたいルアーフィッシングです。

ブラックバスのタックルの流用ができますのでブラックバスのタックルをお持ちならまずは、そのタックルを流用して始めることをおすすめします。

カサゴの特徴

【分布】日本各地 【地方名】ガシラ、アラカブ、アコウ、アカメバル
【全長】20?30cm
【特徴】昼間より夜間の方が活発に行動
【釣りシーズン】通年
【釣り場】 堤防、護岸、磯場等(波止め、シモリ、テトラ周りが狙い目

カサゴ(ガシラ)は、頭部の側面に小さいが鋭いトゲがあります。毒はありませんが素手でつかむとケガをしやすいので注意が必要です。体色は、黒褐色から黒赤色まで棲んでいる岩礁帯により変わります。釣れる場所は、沿岸の岩礁帯になります。普段は、岩場の影などに生息しています。テトラなどから穴釣りなども有名ですが、縄張り意識が強い魚ですのでソフトルアーへの反応も良い魚です。

カサゴのシーズン

カサゴは1年中釣りを楽しむことができます。寒い冬も暑い夏もカサゴのルアーフィッシングを楽しめますので、釣り方が分かれば坊主になることも少ないので、初心者にオススメです。ブラックバス釣りをマスターした方ならブラックバスのルアー操作で狙うことができると思います。

■カサゴシーズン早見表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

カサゴの釣れる時間帯

日中は、障害物の隙間などに身を潜めています。夜になると障害物から離れて、餌を捕るように行動する夜行性の魚なので、夜に狙うのがおすすめ。メバルのように表層に浮いてくることは、まず、少ないと思いますので、基本は、障害物周辺など、海の底をソフトルアーでトレースする釣りになると思います。

海底に地形の変化がある場所は、ポイントになりますので、広範囲に探ることが釣果アップの秘訣です。底をトレースする釣りになりますので、根掛も多くなります。

ハードルアーを使用するよりは、ソフトルアーで海底をズル引きすると良いと思います。根掛が多いようならリフト&フォールを繰り返すボトムバンピングのロッド操作でソフトルアーを上に跳ね上げて、障害物を交わすようにソフトルアーを操作すると良いと思います。

釣り具店では、カサゴ用のルアーは、エビを模したルアーが売られていますので、エビなどを模したソフトルアーを使う方も多いと思いますが、カサゴなどの根魚は、ソフトルアー全般に反応が良い魚なので、時には、アジやメバルなどもかかることを期待して、メバルやアジ用のカリーテールワームやストレートワームなども併用して使用することで良いと思います。

私は、エビを模したルアーは、あまり使わないで、アジングやメバリングで使用しているワームを流用することが多いです。

海の底をソフトルアーでしっかりトレースする技術を身につけると、釣果アップにつながると思います。また、うまくなって来ると根にかかりそうなタイミングが分かるようになりますので、障害物に根掛りする寸前でルアーを上に跳ね上げる操作ができるようになると思います。

カサゴの仕掛け

■使用するロッドやリールの大きさ(番台)、ラインの太さ(号数)と目安は?

カサゴのタックルは、専用タックルも販売されていますがシーバスなどのメジャーなルアーフィッシングと比べ、種類が少ないと思います。6~7ftあるブラックバス用ロッド又は尺メバル用ロッドなどパワーのあるロッドがおすすめ。

リールは、2000~2500番台の小型スピンニングリールを用意しましょう。ラインは、フロロカーボンラインの4lbを選択しましょう。底を取る釣りになるので根がかりが心配になりますので、もう少し太いラインを選択されることも考えられますが、この場合は、フロロカーボンラインよりナイロンラインを選択しましょう。

ナイロンラインは、リールになじみやすく使いやすいタックルになると思います。ルアーは、カサゴ専用のソフトルアーが発売されています。3.5g程度のジグヘットとセットで用意しましょう。釣り具店では、エビなどの形をしたカサゴ専用のソフトルアーがメバル/アジ用ソフトルアーの近くで売られていることが多いので見つけられると思います。

カサゴは、基本的に障害物、消波ブロックなどに身を寄せています。根がかり覚悟で目の前にルアーを落とし込むつもりでルアーを投げ込む必要があります。カサゴの目の前にルアーを落とし込むことができれば、ルアーへの反応が良い魚なので釣れる可能性が高くなります。

逆にルアーを目の前に落とし込むことができないとボウズという結果も相応にあります。タックル性能を求めるより使いやすいタックルを考えた方が、釣果アップのコツと思います。カサゴ狙いの場合、テトラや消波ブロックなど危険な場所を歩く機会も多いと思いますので、必ず滑らない足元のしっかりしたシューズとライフジャケットを着用して挑みましょう。

釣行記
スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazonプライムビデオのソルトルアーフィッシング動画をご紹介

この番組は、TVでも放送されていた動画です。ソルトルアーフィッシングの面白さを動画で体験できるおすすめの動画です。エギング、シーバス、アジング、ロックフィッシュなどの番組をピックアップしています。
動画を見るには、Amazonプライム会員に登録する必要があります。詳細はAmazonホームページを確認してください。

ビギナー歓迎!秋のエギング。

この時期のイカは活性が高く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる最高の季節。今回の舞台は長崎県の五島福江島。福岡空港からわずか40分という場所に位置するこの島は、魚影が濃いことで有名。イメージよりもアクセスがよい離島だ。 そんな場所で秋イカを狙うのは、愛称「たまちゃん」でおなじみの野村珠弥と「みっぴ」こと秋丸美帆。果たして2人はどんな釣りを見せてくれるのか。 釣行初日。ポイントに到着して海を覗いて見ると早速イカの姿が。野村「見えイカ発見!」 すかさずキャストし、サイトフィッシング開始。エギの動きも、反応するイカの姿も全て丸見え!狙い通りエギを抱かせて大興奮!一方、秋丸もサイトフィッシングで狙うが…。秋丸「なんで抱かんの?」

Amazonプライムビデオを見る

能登のエギング

食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋。秋はものごとをはじめるにはピッタリの季節。そんなシーズンに紹介するのがアオリイカを狙うエギングだ。春から初夏にかけて産卵するアオリイカ。孵化した子どものアオリイカは、秋になると活発にエサを追い始める。これからの時期は数釣りが楽しめるベストシーズンだ。9月初旬、2人のアングラーが石川県の能登半島へやって来た。エギングのエキスパート・宮澤幸則と、石川在住で、能登半島をホームグラウンドとしているエギンガー、福島芳宏。 初日。まずは、磯場で竿を出す。この時期のアオリイカはまだ、手のひらサイズ。外敵から身を守る為、浅場の岩礁に潜んでいることが多い。宮澤は、近くの磯へキャスト。すると、すぐにヒット!「やっぱり浅場にたまってるね!」と宮澤。福島は海底の藻場を狙う。「オレがイカならあそこに隠れます!」狙い通りにヒットを連発させた!

Amazonプライムビデオを見る

対馬のエギング

エギングとは、日本の伝統ルアーの餌木(えぎ)を使いながら、アオリイカ、コウイカ、スルメイカなどのイカ類をねらうルアーゲーム。今回はそのエギングファンの間でカリスマと崇められる山田ヒロヒトが登場。長崎県対馬で春の大型アオリイカに挑む。 離島釣行の多い山田は「対馬は、数、型ともに狙えるエギングパラダイス」という。初日、やってきたのは越高(こしたか)の漁港。春の産卵期を迎えたアオリイカは、沖から接岸して海藻に卵を産みつける。周辺にアマモやホンダワラなど海藻の多いこの漁港は期待がもてる。
実釣開始からしばらくして、山田の竿が大きく曲がった。2キロオーバーの大型だ。いきなりのビッグヒットに山田は「この後が恐ろしい」と喜びとも不安ともつかない表情で応えた。その後、2ハイを立て続けに釣り上げ、好釣果で初日を終えた。

Amazonプライムビデオを見る

島根県のシーバスフィッシング

今回は、島根県中海のシーバスフィッシングをお届けする。中海は、宍道湖、日本海と繋がる汽水湖で、西日本屈指のシーバスポイントとして知られている。そんな1級フィールドで、ボートから、陸っぱりから大型シーバスを狙う。アングラーはシーバスの世界記録を持つエキスパート高橋慶朗。初日の朝、まずはボートに乗り込む。高橋が最初にセットしたルアーは、バイブレーションジグ。魚のいる層を広範囲に探るためだ。ルアーをキャストし、着底させ、ゆっくり巻き上げる。そうすることで底層、中層、表層とルアーを引くことが出来る。しかし、アタリはない。 そこへ、「最近は底付近で釣れてますよ」 と船長からアドバイス。高橋は早速、底付近を丁寧に探る。

Amazonプライムビデオを見る

愛媛県・宇和島のアジング

愛媛県・宇和島でアジングを楽しむ。アジングとはアジをルアーで釣ることで、近年爆発的なブームとなっている。 アングラーは、瀬戸内海を中心に活躍する後迫正憲と、房総半島を拠点にするルアーマン、渡邉長士の二人。 まずは、日中の堤防から竿を出す。アジングというと昼間はなかなか釣れず、夜が本番というイメージが強い。ところが宇和島では昼間でも型の良いアジが釣れると評判だ。アジングファンなら一度は訪れてみたい好フィールドだ。 明るいうちから次々と良型アジを釣り上げていく2人。ついには尺超え(30センチオーバー)まで飛び出した。 夜になると常夜灯まわりでのナイトゲームを楽しむ。今度は数釣りを堪能。 アジングのエキスパート2人が魅せるテクニック満載の30分!

Amazonプライムビデオを見る

冬のゴロタ場で根魚三昧

今回は冬のゴロタ場で根魚釣りを存分に堪能する。ゴロタ場とは無数の岩が積み重なって出来た場所。一日中釣りが楽しめる、釣り人にとっては魅惑の場所だ。楽しむのはソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海。ホームグラウンドの真鶴半島を縦横無尽に駆け巡る! 日中の明るい時間は、岩の隙間の奥深くに潜むムラソイを狙う。このポイントに30年以上は通っているという村越は、次々と岩の隙間からムラソイを引き抜いていく。しかもこれが良型揃い。ムラソイとは思えないほどの大きさに数も型も大満足の釣果となった。

Amazonプライムビデオを見る

狙うは40cm壱岐のアジング

長崎の離島、壱岐。この島は、30cmを超える尺アジはおろか、40cm以上のアジがショアから狙って釣れるという、夢のフィールドだ。 今回は、この40cmを超すデカアジを狙う! 釣り方は、今や大人気、ルアーでアジを狙うアジングだ。 アングラーは、千葉県在住、房総半島を拠点にするマルチルアーマン・渡邉長士と、番組初登場、大分県在住のライトゲームスペシャリスト・岩崎林太郎の2人。 壱岐に来るのは初めてだという2人は、竿を出しながら釣れそうなポイントを探っていく。夕方になると、早速アジが顔を見せた。そこからはコンスタントに釣れ続けるがサイズが上がらない。 あくまでも、今回の狙いはデカアジだ。 翌日、暗いうちから竿を出す2人。すると。

Amazonプライムビデオを見る

海釣りルアー入門!