2018年 8月中旬 秋のエギングシーズンが近づいています。

8月中旬、朝まずめの時間帯を狙って、福井へエギングに出かけました。

2時頃に常夜灯ある越前海岸の某漁港へ到着。常夜灯の下には、先約が2名います。

仕方がないので、先約の終了を待つことにして、常夜灯から外れた岩礁帯のある突堤で根魚狙いでルアーを楽しみます。

しかし、2時間の間で釣れたのは、豆アジ1匹とガシラ1匹、さらにオコゼ1匹とあまり良い釣果状況ではありませんでした。

4時を回ると先約2名が釣りを終了されたので、やっと目的のエギングの開始です。

常夜灯の下へ移動し、アオリイカの所在を確認します。小魚が沢山いますが、アオリイカの影は見えません。

元祖!釣れるエギの代名詞・YO-ZURI(ヨーヅリ) アオリーQ大分布巻ゴールド・アジ(2号)をライトルアーロッドに装着。

軽くて、沈下速度も適度なので、サイトフィッシングに使いやすいエギです。

普通にハードルアーを投げる感覚でエギを遠投します。

あまり大きなアクションを入れず(ズル引き)、エギをリーリングして来ます。

アオリイカがエギを追いかけてこないかエギを停止して確認します。案の定、エギの背後に新子のシルエット(影)が無数に見えます。わさわさとエギを追いかけて来ました。

エギをその場でストップして、様子を見ます。

軽くエギを2~3回シャクリた後、その場で停止してアオリイカの新子の反応を見ます。

新子のアオリイカがエギ近づき、エギを抱いて、後ろへ引っ張っていくのが見えるので、軽く合わせてあげると黒い炭を吐いて、アオリイカの新子が釣れて来ました。

30分ほどの間にアオリイカ新子3杯の釣果でした。大きさは下記動画で確認してください。

やる気のある新子が沢山いたので、まだまだ、釣れそうな雰囲気でしたが、あまり沢山釣り上げてしまうと新子にダメージを与えてしまいそうでしたので、3杯をキャッチ&リリースした後、エギングを終了しました。

あと1~2週間もするとさらに成長したアオリイカに沢山めぐりあえそうで楽しみです。

エギングのシーズンは、こちらの記事を確認してください。